トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

尊敬する映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」感想

      2015/11/26

DOMMUNEでホドロフスキーの特集をやっていた。

そのなかでグレートサスケが最新映画「ホドロフスキーのDUNE」について「アンヴィル」と「シュガーマン奇跡に愛された男」の系譜として紹介されており、流れで久しぶりに「シュガーマン 奇跡に愛された男」を見てやっぱり号泣。

というわけで以前、別のブログで好評だった文章を。


映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」

何かになりたいと思い、何者かを目指して、結局どこにも到達できなかったとする。

映画だったら、そこで何かの逆転が起きてハッピーエンド。もしくは、そのままドロップアウト。

現実ではどうだろう、たいていの場合どちらでもない、何者かになれなかったとしてもそのまま人生は続く。わたしはそれを駄目だといかないまでも何か物足りないことだと考えていた。この映画を見るまでは。

このドキュメンタリー映画は1970年代初頭のアメリカのある一人のミュージシャンを主人公としている。様々な人に支援され彼は一枚のCDアルバムを発売した。だが、全く売れなかった・・・。しかし何の因果か、そのアルバムはアメリカから遠く離れた南アフリカで反アパルトヘイトのシンボルソングとして爆発的なヒットをすることになる。

そして年月は過ぎ、ある二人の男が自分たちの人生を左右したこの男シュガーマン「ロドリゲス」を探そう。と決意する

しかし、消息を尋ねて間もなく二人の耳に飛び込んできたのは奇妙な噂だった

彼は「コンサート中に銃で自殺した」という。はたして真相はどこに?まったく手掛かりが見つからないまま何年も経過したとき、ある一本の電話が二人のもとにかかってくる・・・。

物語の後半は静かに進むが、しかしその予想もつかない展開に上映が終わってもしばらく涙が止まらなかった。現実にこんな男がいたのかという、その凄さ、一人の人間に対する敬意から。

何かになりたいと思い、何者かを目指して、結局どこにも到達できなかったとする。しかし、それでも人生は続く。それはマイナスではない、大事なのはスタイルでありそのスタイルの維持なのだ。希望に満ちた物語として、壁にぶつかってる人がいたらこの映画を薦めたい。

そしてこう言いたい「俺が心から尊敬している人物の映画なんだ」と

 

【関連記事】

 - 映画評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

【映画感想】すべての終わりの目撃者となれ!『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章』

(ネタバレしかない) GWはずっと白石晃士監督作の映画を連続鑑賞。そして最終日に …

『007スカイフォール』における英雄の詩について

Thongh much is taken, much abides ; and …

映画『GONINサーガ』感想、そして瘴気はよみがえる

時代の瘴気を存分に吸い取った悪魔的な魅力を持つ映画『GONIN』、その19年後に …

世界の終わりとハードボイルド・ムーミントロール、劇場版アニメーション「ムーミン谷の彗星」感想

これはムーミンたちが、まだムーミン谷へ引っ越してきてすぐのお話。 2015年に公 …

アレクセイ・ゲルマン『神々のたそがれ』、ただ言葉を垂れ流し

だらだらと書く。ああ、つらい、疲労度高し。だいぶ前に新文芸坐のアレクセイ・ゲルマ …

噂のマインドファック映画『ピエロがお前を嘲笑う』を見てきた感想

『アイデンティティー』『シックス・センス』『ファイト・クラブ』など、最後に「あっ …

いつだって物語は突然に、映画『ナタリー』感想

(ネタバレ含んでます) 特筆すべきことは物語の三分の一まで起こらない。 一組の男 …

映画『ミンヨン倍音の法則』試写感想~流れるように、音~

10月2日東京新聞主催の試写会でシネマート六本木へ。 『ミンヨン倍音の法則』あら …

バイキンマンの圧倒的格好良さに涙する映画「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」

体調不良の日々なので難しい映画を鑑賞できず、Huluでアンパンマンの映画を見続け …

ひたすらしょーもない映画『シェアハウス・ウィズ・バンパイア』を見たボンクラの感想

 *ネタバレはありますが、面白い部分は出来るだけ触れてないようにしてます。 &n …