トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

尊敬する映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」感想

      2015/11/26

DOMMUNEでホドロフスキーの特集をやっていた。

そのなかでグレートサスケが最新映画「ホドロフスキーのDUNE」について「アンヴィル」と「シュガーマン奇跡に愛された男」の系譜として紹介されており、流れで久しぶりに「シュガーマン 奇跡に愛された男」を見てやっぱり号泣。

というわけで以前、別のブログで好評だった文章を。


映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」

何かになりたいと思い、何者かを目指して、結局どこにも到達できなかったとする。

映画だったら、そこで何かの逆転が起きてハッピーエンド。もしくは、そのままドロップアウト。

現実ではどうだろう、たいていの場合どちらでもない、何者かになれなかったとしてもそのまま人生は続く。わたしはそれを駄目だといかないまでも何か物足りないことだと考えていた。この映画を見るまでは。

このドキュメンタリー映画は1970年代初頭のアメリカのある一人のミュージシャンを主人公としている。様々な人に支援され彼は一枚のCDアルバムを発売した。だが、全く売れなかった・・・。しかし何の因果か、そのアルバムはアメリカから遠く離れた南アフリカで反アパルトヘイトのシンボルソングとして爆発的なヒットをすることになる。

そして年月は過ぎ、ある二人の男が自分たちの人生を左右したこの男シュガーマン「ロドリゲス」を探そう。と決意する

しかし、消息を尋ねて間もなく二人の耳に飛び込んできたのは奇妙な噂だった

彼は「コンサート中に銃で自殺した」という。はたして真相はどこに?まったく手掛かりが見つからないまま何年も経過したとき、ある一本の電話が二人のもとにかかってくる・・・。

物語の後半は静かに進むが、しかしその予想もつかない展開に上映が終わってもしばらく涙が止まらなかった。現実にこんな男がいたのかという、その凄さ、一人の人間に対する敬意から。

何かになりたいと思い、何者かを目指して、結局どこにも到達できなかったとする。しかし、それでも人生は続く。それはマイナスではない、大事なのはスタイルでありそのスタイルの維持なのだ。希望に満ちた物語として、壁にぶつかってる人がいたらこの映画を薦めたい。

そしてこう言いたい「俺が心から尊敬している人物の映画なんだ」と

 

【関連記事】

 - 映画評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

ただ青き終わりに向かって、映画「ブルーリベンジ」(ネタバレあり)

 「復讐は意味がない」という当たり前のことを見終わって久しぶりに考えた。この映画 …

様々な愛にあふれた恐竜映画『ジュラシック・ワールド』(監督:コリン・トレボロウ)感想

(後半にネタバレあり) IMAXやら4DXで『ジュラシック・ワールド』を見たかっ …

チベット映画『オールド・ドッグ』の感想と講演会のレポート(早稲田祭一日目)

11月1日は早稲田祭へ。 目的はサイトでも告知したチベット映画『オールドドッグ』 …

ひたすらしょーもない映画『シェアハウス・ウィズ・バンパイア』を見たボンクラの感想

 *ネタバレはありますが、面白い部分は出来るだけ触れてないようにしてます。 &n …

ルドルフ一世児童文学
鈴木亮平&井上真央の声に心震える教養映画『ルドルフとイッパイアッテナ』感想

2か月ぶりの更新でごわす。 2か月も更新してないと「大丈夫か」などの声も聞こえて …

映画『コードネームU.N.C.L.E.』感想、どこから切っていってもガイ・リッチー

なんだかスパイ映画が多かった2015年の末尾に公開された『コードネームU.N.C …

~詩を紡いでいく意味~映画『いまを生きる』評

Contents1 O Me! O Life!1.1 その日をつかめ「カーペ・デ …

復活キアヌの一人殺戮行映画『ジョン・ウィック』感想

殺し屋ジョン・ウィックというキャラクターはキアヌ・リーブス以外にありえないと思う …

日本初の4DX専用映画にしてホラー作品『ボクソール★ライドショー恐怖の廃校脱出!』を体感してきた

上映時間25分の映画を見るために上映料金1300円以上のお金をかけてユナイテッド …

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を見る前におさらいマッドマックス!!

2015年6月20日の土曜日、いよいよ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公 …