トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

映画「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル」 感想

      2015/11/26

Bkyuu

明日から、いよいよ「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」が映画館で上映されます。

クレヨンしんちゃんの映画はもはや誰もが名作だと考えるようになったとは思うけれど、しかし最近は少しパワーが落ちてきたとお考えの人も多いはず。

ならば、去年公開したこの「バカうまっ!B級グルメサバイバル」を見ましょう。

これを見たため、自分は初日にクレヨンしんちゃんの最新作を映画館で!と思ったわけです。


 あらすじ

春日部で行われているB級グルメカーニバルが悪の組織「A級グルメ機構」に襲われた。

親たちに内緒でこっそりとカーニバルの会場に向かおうとしていたカスカベボーイズは、謎の女から壺入りのソースを託される。

それこそがB級グルメメンバーたちの切り札である「伝説のソース」だった・・・。

感想

この映画の面白さは一言で言えば動きのハチャメチャ感

昔のクレヨンしんちゃんの映画を見てるかのようなパワーを感じました。よくわからないけど笑っちゃう笑いもいくつもあって、それが嬉しい。

あとはテーマが効いてる。公開当時は「B級?、B級食品とコラボ?なんか微妙かも」とか思ってた自分がまさしく本作の敵役そっくり。

つまり、A級グルメ機構は上流なものしか認めないという「B級食わず嫌い」。

とりあえず食べればいいのに食べる前からバイアスかけて食べない、あれ・・・これって映画鑑賞とか、そもそもクレヨンしんちゃんに対する批判とかにも敷衍できるかも・・・とか色々考えてるうちにA級グルメ機構はカスカベボーイズにトリュフとか食べさせるわけです。

でもしんのすけ達には味がよくわからない。

はやくB級喰わせろ!!というシンプルな反応は「嵐を呼ぶ!栄光のヤキニクロード」の焼肉食べたいんだ!メソッドに似てて痛快。

映画の一番の見どころは、終盤敵の基地からカスカベボーイズが脱出するシーン。

 

b yuasa

 

たぶんここら辺りを描いているのはアニメ『四畳半神話体系』(今だと「ピンポン」)の湯浅政明監督だと思いますが、この構図のダイナミックスさはひたすら爽快でため息が出るような「動き」の連続に、おそらく映画が終わった後、巻き戻してこの場面だけをリピートした人続出だったと思います。

そんな名場面が見られる『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル』お勧めです。


クレヨンしんちゃん映画最新作「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

映画最新作はクレヨンしんちゃんと関わりが深いけれど監督は初の高橋渉、脚本がグレンラガンの中島かずき、そしてウィキペディアによると音楽は『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』以来10年ぶりの宮崎慎二という布陣。

これはちょっと期待しちゃいますな!いつの間にか日付は19日。本日公開!

 

【関連記事】

 - アニメ, 映画評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

デスノート項目
衝撃の全員馬鹿ノート!ネットフリックス版「デスノート」感想

2017年ネットフリックスオリジナルで、デスノートが配信された。 監督は『サプラ …

クリスティアン・ペッツォルト監督『あの日のように抱きしめて』試写感想

第62回ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞し、第85回アカデミー賞外国語映画賞ドイ …

復活キアヌの一人殺戮行映画『ジョン・ウィック』感想

殺し屋ジョン・ウィックというキャラクターはキアヌ・リーブス以外にありえないと思う …

【映画感想】すべての終わりの目撃者となれ!『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章』

(ネタバレしかない) GWはずっと白石晃士監督作の映画を連続鑑賞。そして最終日に …

映画リンカーン
政治的合理主義について、映画『リンカーン』を見て思うこと

映画の冒頭、監督のスピルバーグがこの映画の思想的背景を説明する。奴隷制をめぐりア …

新宿で良作映画中毒「カリコレ2015」が今年も始まる

今年も新宿シネマカリテで「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015 …

『007 スペクター』感想、凝縮された「ジェームズ・ボンド」成分に舌鼓を打つ

los muertos vivos están「死者は生きている」 大勢の人で賑 …

いつだって物語は突然に、映画『ナタリー』感想

(ネタバレ含んでます) 特筆すべきことは物語の三分の一まで起こらない。 一組の男 …

映画『イル・ポスティーノ』についての文章を寄稿しました。

「きまやのきまま屋」さんというサイトに映画『イル・ポスティーノ』について寄稿させ …

~詩を紡いでいく意味~映画『いまを生きる』評

Contents1 O Me! O Life!1.1 その日をつかめ「カーペ・デ …