トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

映画『キングスマン』感想、紳士服ならコリン・ファース

      2015/11/26

一週間ぶりの記事となります、スイマセン。

『キングスマン』を観てきた帰りにテンションが上がりまくってしまい、

黒い傘で映画の場面場面を真似していたら職務質問され&翌日病院の検査で改造人間よろしく身体をいじられ高熱を出して寝ておりました。

『キングスマン』の感想:最高。まだドキドキがおさまらない。

tie-690084_640

Manners maketh man

「行儀作法が人をつくる」

感想(ネタバレなし)

ロンドンの高級テーラー店の地下には、どこの国にも属さない国際的スパイ組織があって
日夜世界の平和のために戦う騎士たちがいる・・・。

まるで夢見る少年少女の妄想を具現化したような設定で、ベテランスパイのハリー(コリン・ファース)が自分を救ってくれた男の息子エグジー(タロン・エガートン)をまるで上質のスーツを仕立てるように育て上げていくこの作品。

つまりスパイ映画だけど『プリティ・ウーマン』and『マイ・フェア・レディ』なのだ。(ご丁寧に劇中でコリン・ファースが説明してくれる)エグジーの父親もハリーと同じく「キングスマン」というエリートスパイだったが、任務中の死亡により幼いエグジーはイギリスの階級の最下層へと下っていき、荒んだ生活を送る。

父親がなぜ死んだのかを知らないまま成長し鬱々としているエグジーの階級を抜け出そうと一念発起する姿は、ハリーを疑似的な父親とする構造含め古典的ではある。しかしこのテーマと気高く生きるとはどういうことかを体現しているコリン・ファースの演技は震えが起きるぐらい美しい。ためいき。

s_コリン・ファース

スッと立つ、スッと座る、騙し合いのユーモアに厳しい表情、『高慢と偏見』『英国王のスピーチ』『シングルマン』などで存じ上げている格好良いコリン・ファースが見せるアクションシーンにここまでときめくとは思わなかった。なんせ激しい戦闘の時でも背筋はピンとしていて体幹のぶれはまったくない。

『キック・アス』のマシュー・ヴォーン監督らしく過剰さが過剰なまま正しく抑制された最高のエンターテイメントである。途中、スパイ養成学校におけるエグジーの訓練シーンは『陸軍中野学校』&『ジョーカーゲーム』なみのハッタリは欲しいと思ってしまう中だるみ感覚はあるが、物語全体に漂うほら吹き展開は近頃どんどん真面目になっていくスパイ映画へ逆襲するような先祖回帰で、登場人物の台詞含めて映画の真似をしたくなる楽しさに満ちていた。

だから映画鑑賞後、黒い傘で遊んでしまい職務質問をされてもしょうがないのである。

 

感想(ネタバレあり)

その美しさゆえに見た人誰もが語るコリン・ファースの約四分間続く「教会暴走シーン」、すべての瞬間にため息が出てしまうこの場面は聞いたところによると一発撮りらしい。ババアの頭を射ち抜くところから始まる激しい音楽の鳴り響くなかで繰り広げられるミュージカルのような戦闘は、うはは、ドン引き、格好良い、ひゃー、でも楽しいと見る側の感情が実に忙しく動く映画史に残る名シーンだ。

そしてそのすぐ後にコリン・ファースが死んだときの喪失感はそれゆえに凄まじく、世代交代はしなければならない。悲しいけれど仕方ない、悲しいけれど仕方ないと念仏のように繰り返し心の中で唱えていた。

s_教会シーンキングスマン

ということで、オジサンの代わりに若者がスーツを着る。

似合わない。

スーツがまったく似合ってない。

しかし新入社員のように似合わないスーツを身に着け、世界を守る騎士として巨大な敵と戦う選択をするエグジーだからこそ心を動かされるのだ。その敵が人類の救済ではなく地球の救済を考える漫画的な悪の組織のように見えて、人体埋め込み型の格安SIMによって人の感情を操作し、結局は一部の特権階級のみを生き延びさせる欺瞞に満ちた時代を反映している悪だからなおさらである。

彼ら特権階級がなんぼのもんじゃいという叫びが伝わってくるラストの首爆破と威風堂々の曲には拍手喝采、階級が上だからといって品位はまた別というハリーがエグジーに言ったヘミングウェイの言葉が響く。

There is nothing noble in being superior to your fellow man; true nobility is being superior to your former self.

「他人より優れていることが気高いのではなく、本当の気高さとは過去の自分自身より優れていることにある」

冒頭で音楽、そしてManners maketh man「行儀作法が人をつくる」と繰り返される言葉と音楽に笑いつつ、時代は変わっても騎士は引き継がれることを強く印象付ける終わりも素晴らしい。大ヒット作の宿命ゆえに続編も検討されているようだが、この作品の荒いエモーショナルさを考えるとどうか続編も気高くあれと願わずにはいられない。

 

 

【関連記事】

 - 映画評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

難病映画が嫌いな人へ薦める映画『わたしたちの宣戦布告』

 「難病」にかかった子供を持つ夫婦の闘病記という、言ってしまえば映画『わたしたち …

復活キアヌの一人殺戮行映画『ジョン・ウィック』感想

殺し屋ジョン・ウィックというキャラクターはキアヌ・リーブス以外にありえないと思う …

『007スカイフォール』における英雄の詩について

Thongh much is taken, much abides ; and …

井戸の中の貞子
本年度最凶の闘い勃発!映画『貞子vs伽耶子』は予告編が既に大興奮

YouTubeのコメント欄や映画館のチラシコーナーで『貞子vs伽耶子』についての …

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』評~才能をめぐるシニカルな笑い話~

*以前書いたものに大幅加筆。 『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』をよう …

恐怖の手
並大抵のホラーじゃ太刀打ちできない『映画クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶ!踊れアミーゴ!』のヤバすぎる怖さ

自分が「書く」行為にいたるときは、いやいや過小評価され過ぎでしょう、おかしいでし …

映画リンカーン
政治的合理主義について、映画『リンカーン』を見て思うこと

映画の冒頭、監督のスピルバーグがこの映画の思想的背景を説明する。奴隷制をめぐりア …

尊敬する映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」感想

DOMMUNEでホドロフスキーの特集をやっていた。 そのなかでグレートサスケが最 …

映画『リスボン物語』評(監督:ヴィム・ヴェンダース)

In broad Daylight even the sounds shine. …

ただ青き終わりに向かって、映画「ブルーリベンジ」(ネタバレあり)

 「復讐は意味がない」という当たり前のことを見終わって久しぶりに考えた。この映画 …