トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

悪を信じさせておくれよ、悪よ『スーサイド・スクワッド』の感想

      2016/09/15

ここのところ映画部門においてはずっとマーベルに距離を広げられているDCの極大ヒット作『スーサイド・スクワッド』をジャパンプレミアで鑑賞。

ああ、これはちょっと暗黒面に堕ちそう。

『スーサイド・スクワッド』簡単あらすじ

スーパーマン亡きあとに、もしスーパーマンに匹敵するパワーをもったものが悪となったら……?

そのためにはアメリカ合衆国も何らかの準備をしておかなければならない。そこで、集められたのはどいつもこいつも一癖も二癖もある極悪犯罪者たちだった。

日本公開決定 SUICIDE SQUAD – ONE SHEET/ ポスター/ 【公式 / オフィシャル】
日本公開決定 SUICIDE SQUAD - ONE SHEET/ ポスター/ 【公式 / オフィシャル】

『スーサイド・スクワッド』感想(ネタバレしかない)

本作はアメリカで凄まじい興業収入をあげている。その理由はポップでイカれたアイコンを散りばめたデザインにあるのは間違いない。マーゴット・ロビー演じるハーレクインのキュートな雰囲気、ジャレッド・レト演じるジョーカーの高笑い、何よりも悪党軍団という設定が最高に燃えるので見る前からこっちのテンションは最高潮。

それがどうしてこうなった。

見る前「うひょー!!!」、中盤「えっ?」、後半「あれ、終わった…」の感情変化。

この感情の起伏、後半にかけての微妙な投げやり感、これは記憶にあるぞ?と思いだしたのがあのマーベルの意図せざる謎映画『ファンタスティック・フォー』である。『ファンタスティック・フォー』は応援したかった。なぜなら監督の不憫さが画面から存分に伝わってきて映画本編とは違うところで後半涙が止まらなかったからだ。

こっちはまったく応援したくない。

『スーサイド・スクワッド』はひどい作品であるが、そのことを誰が書いたとしても売れる。あの一瞬で心を掴まれる予告編から劇場公開まで内容ではなく宣伝が勝った。広告がとにかく巧みだった。

アメリカで評判の悪さを聞いたとき自分はそれがポップなアイコンを散りばめ、中身スカスカのミュージックビデオみたいな感じになってしまったから微妙なんだろうと思い込んでいた。そもそもチラシを見てもあらすじがよくわからないあたりも勘違いを助長させていた。

まさか単純に話が下手糞だったという事実には恐れ入った。ポップでキュートな演出は途中で力尽き、一番重要な「悪党軍団の敵は誰か?」も、悪党の手綱をしっかり握っていませんでした!が答えとなる壮大な馬鹿さぶり。特にラストシーンにいたる台詞の数々、ラスボスの謎ダンス、倒し方などもとにかくお寒い。見終わった後の帰り道に悲しくなってしまった。

悪党たちが悪党を倒すイカれて痛快な注目作?

いやいや、いやいやいや、たとえば今年日本で公開された『ヘイトフル・エイト』における「うわっ悪!!」という登場人物たちの「俺たちは悪だけどこいつは許せねえよなあ」という悪の矜持がここにはない。悪じゃなくてただ生きづらい人たちなスーサイド軍団の怒涛の愚痴「悪党もつらいよ」が露呈していく展開には、こっちはそんなのが見たいんだじゃないんだ!!!!と心の中で叫んだ。

なんで悪党がずっと過去にとらわれてるんだよ。お前が選んだ道なんだろ!!もっと胸を張れよ悪党!!とライトノベルの台詞みたいなことを思ってしまう『スーサイド・スクワッド』は記録には残るけど記憶には残らない映画になってしまった。

それがとても残念で悲しい。

 - 映画評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

空から台湾を見てみよう、映画『天空からの招待状』評(ネタバレあり)

台湾に旅行で何度も行く人は台北から台南の方にまで徐々に範囲を広げていきこの国の奥 …

no image
見ていてビビるほどの百合百合映画『劇場版アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ』感想

野外でミミ先生たちが映画上映をしていたら、そのことがなんだか気に食わないバイキン …

沈黙しない羊たちの暴走特急アニメ『ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』感想

この作品が「ヤバい作品」であることは前々からの調査で判明していたのだが、お金の不 …

200円で買える「TSUTAYAシネマハンドブック」が今年も相変わらずの凄さ

(順次更新) 毎年年末になるとTSUTAYA店頭で並べられる「TSUTAYAシネ …

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』評~才能をめぐるシニカルな笑い話~

*以前書いたものに大幅加筆。 『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』をよう …

恥ずかしがり屋がマサラシステムでインド映画「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1」を見てきた

      5月16日金曜夜、渋谷シネマライズで「スチューデント・オブ・ザ・イヤ …

日本初の4DX専用映画にしてホラー作品『ボクソール★ライドショー恐怖の廃校脱出!』を体感してきた

上映時間25分の映画を見るために上映料金1300円以上のお金をかけてユナイテッド …

映画『コードネームU.N.C.L.E.』感想、どこから切っていってもガイ・リッチー

なんだかスパイ映画が多かった2015年の末尾に公開された『コードネームU.N.C …

映画『ローマの教室で~我らの佳き日々~』試写感想

  教育を描いた外国映画が好きなのは「知性」をちゃんと描いているからだ …

マーベル映画『アントマン』感想、小さな男の大きな逆転劇

この『アントマン』をもって「マーベル・シネマティック」ユニバース」は第二フェイズ …