トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

スターウォーズ最新作(エピソードⅦ)の前に見るべきパロディアニメ『クレヨンウォーズ』

      2015/12/26

スターウォーズのパロディは数あれど、その中でも屈指の出来映えを誇るのが1997年にクレヨンしんちゃんSPのなかで放送された『クレヨンウォーズ』だと個人的に思う。

今年はスターウォーズの最新作が公開されるお祭り年なので、関連のグッズや映像を見ているうちに子供の頃に感じた「ひどかったような、面白かったような・・・」という記憶が甦り、早速作品が収録されているDVDを買ってしまった訳です。クレヨンしんちゃんのスペシャルを見ていた人の中にはちらりと覚えている人も多いんじゃないかな。

 

感想:今見ても(いまならわかる)本当にひどくて、PTAに喧嘩売りまくってた時代の『クレヨンしんちゃん』は素晴らしい。

 

あらすじ

全宇宙を支配しようと目論む帝国の司令官である「アーシクセイダー」は、更なる力を手に入れるためニンニク星の宝である「スーパーニンニクエキス」を手に入れようとその星の王女「バーゲン・セイル姫」を誘拐した。だがセイル姫は犬の形をしたロボット「APU」に秘宝を隠し宇宙船から脱出させることに成功。

巡り巡ってAPUは北かすかべ星に住む銀ノ助の元に衝突し、それをたまたま通りかかった野原しんのすけという五歳児が発見。APUに内蔵された助けを求める(極度に美化された)姫の映像を見てしんのすけは銀ノ介や途中で加わった宇宙海賊•レオナルド・デカぶりオ(ぶりぶりざえもん)と共に救出へと向かう。しかしアーシ・クセイダーの背後にはより強力な敵の影が・・・。

解説と見所

s_『クレヨンウォーズ』より

フォースの使い手による「由緒正しき決闘」

ああ・・・書いていて、本当にひどいあらすじ(笑)

『スターウォーズ』エピソード4~6を知っている人には随所に笑える場面があり、各キャラクターの立ち位置によって本編のネタバレがわかる展開(笑)。全宇宙を巻き込む戦いが実は家族の物語だったという、その壮大さとスケールの狭さが本家を意識してて、馬鹿にしているわけではない丁寧な作りがめちゃくちゃおかしい。

PTA激怒の注目場面として、フォースの使い手たちによる「由緒正しき決闘」。これはライトセーバーの音を自分で発しながらライトセーバーを股間に挟んで戦うという危険な決闘。

終盤しんのすけがアーシクセイダーと戦った際はフォースの力が未熟で小さい棒しか出せないというピンチに、そこで使用されたのがにんにく星の秘宝「スーパーにんにくエキス」。滋養強壮に効果ありというラベル通り、しんのすけはフォースの力を増強させ、股間に挟んだライトセーバーは巨大な棒となる!大きければいいってもんじゃないぞ」と「アーシクセイダー」は言ったが、見事に撃チンさせられる。

当時自分は意味も分からずゲラゲラ笑っていたけれど、たぶん各家庭の親はお茶の間で凍りついたよね。これ・・・。

 

『クレヨンしんちゃん』ファンにもオススメ

 あと久しぶりに見直してテンションが上がったのは、宇宙船を探すときにしんのすけ達が立ち寄った「和風バー ルーズソックス」にいる客たちの姿。

ハイグレ魔王や『ヘンダーランドの大冒険』のトッペマとか、『雲国斎の野望』のラスボスであるヒエール・ジョコマンと今までに出てきた劇場版のキャラクターが勢ぞろいしていて、このお祭り感はファンには絶対見てほしい場面。

 

収録DVD『クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと』

というわけで、この「クレヨンウォーズ」は『クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと』で見ることが出来ます。

これは「クレヨンしんちゃん」のアニメやスペシャルで「ぶりぶりざえもん」が出てきたエピソードをほぼコンプリートした凄いDVD。(『野原刑事の事件簿』という話も1を飛ばしてぶりぶりざえもんが登場する2と3のみ収録している徹底ぶりw)

声優の塩沢兼人が亡くなってから、もうテレビでは見られなくなったぶりぶりざえもん成分が欲しいという人には絶対に買って損はないと保証します。なによりもアニメーションとして初めてぶりぶりざえもんが登場する「ぶりぶりざえもんの冒険 雷鳴編」に始まる凄まじいまでのキャラクター造形の崩しや大胆なパースの使い方は躍動感に満ちあふれていて見ていて本当に楽しい!

 

 

【関連記事】

 - アニメ, ボンクラ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

トイストーリーオブテラー
モーテルで起こる惨劇・・・!『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』感想

『トイ・ストーリー3』のその後を描いた短編、おなじみのキャラクターたちが登場する …

入手困難だった名作アニメが『スヌーピーエミー賞コレクション』として発売!

現在日本で手軽にみられる「ピーナッツ」(スヌーピー)のアニメは1960年代や19 …

「映画の魔」とトラウマアニメ『花子さんがきた!!』

高橋洋の『映画の魔』を読んでいたら、こんな記述があった。 恐怖はショックを介して …

飯も食わずに一日中使い続けて実感した「ネットフリックス」5つの凄さ

いよいよネットフリックス日本版のサービスが2015年9月2日から開始されました。 …

ナチスのドラゴン使い!?しかし・・・映画『ドラゴン・オブ・ナチス』感想

どうも、こんにちは。 翼に鉤十字が彫られたドラゴンが、あまり羽ばたかずに連合国飛 …

TRIGGER最新作感想『リトルウィッチアカデミア魔法仕掛けのパレード』を見て今日は元気

劇場公開と同時にネットフリックスで配信されたトリガーの新作「リトルウィッチアカデ …

日常・幻想入り乱れての大江戸アニメーション、映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』感想

(ネタバレあり) 強気な女性×江戸×声優が杏!   ということで公開前から期待し …

クレヨンしんちゃんの映画で一番切ない作品は「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」だと叫びたい

アマゾンプライムがクレヨンしんちゃんの映画をほとんど見放題にしてくれたのでここの …

【書評】映画秘宝とオトナアニメの究極タッグがついに聞き出した!『アニメクリエイタ―の選んだ至高の映画』(洋泉社)

アニメクリエイターが映画について語る語る 複数のアニメクリエイターが映画について …

ひたすらしょーもない映画『シェアハウス・ウィズ・バンパイア』を見たボンクラの感想

 *ネタバレはありますが、面白い部分は出来るだけ触れてないようにしてます。 &n …