トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

~悪問に負けず頭を動かそう~『ポール・スローンのウミガメのスープ』(エクスナレッジ)書評

      2015/12/02

また2ちゃんねるのオカルト板に入り浸ってしまっていてこんな時間。

東京郊外で心が沈むと陰謀論に胸が躍るこの頃、怖い話とかそういうのは何か感情にざわつきがおきるからいいものです(寝れなくなるけど)

だから「意味が解ったら怖い話」とかそういうのも心がざわざわして好き。これは文章系クイズと「人の悪意」を融合したような感じでネット上に溢れるそれらテクストを見ていると時間が何時間でも過ぎていきます。

でも、人の悪意が嫌いな人もいると思うのでそういう人には『ポール・スローンのウミガメのスープ』が良さそう

ネットに馴染んでる人なら一度は見たことがあるんじゃないかという問題がタイトルとなっているこの本。

男がレストランに入り、メニューから「ウミガメのスープ」を頼んだ。それを一口食べた彼はレストランを飛び出し、持っていた拳銃で自殺してしまった。何故だろう?

『ポール・スローンのウミガメのスープ』から文章を引用。

 

「ウミガメのスープ」としてよく知られているこの問題の正解は

「男は何年か前に、家族や友人の仲間とともに海で遭難し、餓死寸前になるまで漂流したことがあった。彼がレストランでウミガメのスープを頼んだのは、漂流中に食べたウミガメのスープの味が忘れられれなかったからだ。しかし男はスープを口にした瞬間、自分が、今初めてウミガメのスープを食べていることを知った。かつて口にしたウミガメのスープとは、味がまったく違っていたのだ。そして彼は気づいてしまった。漂流中にウミガメのスープだと言われて食べた肉が、実は漂流中に衰弱死した自分の息子のものだったということに・・・」

 

わかるかそんなもん!( ̄□ ̄;)!!

 

と、初めてその答えを聞いた時には毒づいたものです。

しかし今回この問題と同名のポール・スローンの本を読んでわかったのが、これは「水平思考推理ゲーム(LTP=Lateral Thinking Puzzles)の一種だったこと。

「水平思考推理ゲーム」とは出題者の出した謎に対して「はい」「いいえ」「関係ありません」の3つで返せる質問を回答者がすることで答えに迫っていくという思考実験のひとつ。つまり、答えそのものよりも、その過程を楽しんでいく感じみたいです。

で、この本はそういう問題がバンバン載っていて、実際に仮想回答者が謎に関して質問をしていくという形式(友達がいなくても大丈夫♪)

その中には「ウミガメのスープ」のように答えはひどい難問(悪問)でもその過程を楽しむことに意味があるものから「ああやられた!」というとんち系の問題もある。

たとえば、

ある男がアイルランドのダブリンからコークまで、街道に沿って歩いていたが、パブの前を一軒も通り過ぎなかった。アイルランドでは。パブは非常に多くみられるものである。ではなぜ、彼の身にこのようなことが起きたのだろう?

(ヒント)

後半は完全にブラフというか、思考を定まらなくする誘導である。

前半に思考を集中させる。こうしてみるとどうだろう。
「ある男がアイルランドのダブリンからコークまで、街道に沿って歩いていたが、パブの前を一軒も通り過ぎなかった。」

「ある男がアイルランドのダブリンからコークまで、街道に沿って歩いていたが、パブの前を一軒も「通り過ぎ」なかった。」

はい、というわけで難易度一つ星のこの問題の答えは「男は道中にある。すべてのパブに立ち寄ったのだ。ゆえに一軒も「通り過ぎ」はしなかったのである」

というものでした。

この本はたぶん7割が思考の過程を楽しむもので、3割がこのようにとんち系の問題という比率。

「ウミガメのスープ」だけではなく、「ポールスローンの腕を送る男」「ポールスローンの札束を焼く強盗」「ウミガメのスープ4-借金をふみ倒せ」と様々なシリーズが続編としてあり、

難易度地獄級!?質問から真相を導きだす斬新な推理ゲーム!(二人以上で遊んでね)[ウミガメのスープ] – NAVER まとめ

 

 

これはたぶん書籍からいっぱい引用してて良問ばかりなので雰囲気を楽しめると思う。

なんか最近頭固くなってるかもとかいう時に「水平思考推理ゲーム」はオススメです。問題解いてると本当けっこう頭がスッキリすることが多いから。


 これ関係で一番有名なのはやっぱり「頭の体操」ですかね。 

そういえばちょっと前にフジテレビで放送していた「ソモサンセッパ」とかは「やられた感」を集めた良門ばかりで面白かった(飲み会の席とかで問題出し合って盛り上がった)

*wikiによると「ウミガメのスープ」は1991年12月にフジテレビ系のオムニバスドラマ『世にも奇妙な物語』で実写化されているとのこと。(出演はいかりや長介と天本英世)見てみたい!

【関連記事】

 - 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

斉藤守彦『映画宣伝ミラクルワールド』書評~邪がまかり通る!~

 過去の映画について何故ここまで話が通じるのか 雑誌『映画秘宝』を読むたび&ゴー …

不穏と平穏とそのあいだ、いがらしみきお『今日を歩く』(IKKICOMIX)

『ぼのぼの』の原作者いがらしみきおが休刊となった月刊IKKIのWEBコミックサイ …

子供は40000回質問する
子どもが常に好奇心を持っているなんて大間違い!『子どもは40000回質問する』(イアン・レズリー/光文社)感想

40000回、これは2歳から5歳までに子供が説明を求める質問の平均回数だという。 …

【書評】闇があなたを見ている『続悪魔が憐れむ歌』(高橋ヨシキ著、洋泉社刊)

光と闇に分けられない曖昧な部分が描かれた映画、そこに目を向けるという点でこの続編 …

ゆきゆきて80年代、斉藤守彦『80年代映画館物語』(洋泉社)書評

「1980年代の東京」 そこは当時を知ってる人の言葉でいうならば「世界中の映画が …

シャットダウン!ゴミ情報!『情報の「捨て方」』(成毛眞・角川新書)感想

一日ネットの海を漂って、ボーっとしているだけでもおそろしいほどの「情報」が溜まる …

映画への畏怖を叩き込まれる名著『淀川長治 —カムバック、映画の語り部』(河出書房新社)感想

最近は映画について書くことに悩んでいて、単体の映画について善し悪しを言うよりも。 …

映画→詩←映画『英詩と映画』評

検索「映画インターステラー 詩」でこのサイトにたどり着く人が多い。それだけこの映 …

映画館はつらいよ『映画館のつくり方』(映画芸術編集部)

映画好きなら1度は考えるかもしれない。 「映画館を運営するということ」 しかし、 …

【書評】言葉以外を武器として『フィログラフィックス 哲学をデザインする』(ジェニス・カレーラス・フィルムアート社)

フィルムアート社から4月に出版されたジェニス・カレーラス著『フィログラフィックス …