トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

2015年は「ぼのぼの」が熱い

      2015/12/02

「後でこまるんだったら後でこまればいいじゃねえか。

なんで今こまるんだよ」

『ぼのぼの』第1巻 よりアライグマくんの台詞。

2、3年前から町に「ぼのぼの」関連の商品が増えているのを何となくは感じていた。が

ヴィレッジ・ヴァンガードの商品展開、ゲームセンターのプライズ商品、新宿マルイのキャラクターショップと年末のとある日に一度に「ぼのぼの」グッズを見たものだから、これはもう流行っているというより「キャラクター」の一つとして完全に定着したんだなと確信・・・

 

 

ヽ(・∀・ )ノ 「実に喜ばしい!!」

 

アニメも漫画も「ぼのぼの」のすべてが大好き人間としては本当に嬉しい状況なのだ。

ちなみに一番上にあるアライグマ君の名言は小学生の頃に読んで衝撃を受けた言葉。何度聞いても深いわ・・・この台詞。これは確か、ぼのぼのが後で食べる貝を割ってしまって、食べちゃって、どうしよう・・・となってた時にアライグマ君が言い放った台詞だったように思う。

「ぼのぼの」ってたぶんキャラクターグッズや名言集含め今は一種の「癒し」のようなものとして受容されてるのだけど、でも相田みつをのような薄っぺらい自己啓発系の文章とはちょっと違う。

「ぼのぼの」の名言はそこだけ切り取れば良いこと言ってるなあレベル、でもかならず前後に何かしらかのゆるーい文脈があって、通して読むとその台詞が心の底まで記憶されるような感じなのでいす。それはなぜなのかと言うと、良いこと言ったぜ感がキャラクター達にあまりないから(笑)

その名言に関して、よくわからないなあとぼのぼのが困ったり、アライグマ君が怒りだしたりと、それぞれ独立した思想がある感じが最高にたまらない。ドヤ顔が許されるスナドリネコさん、アライグマ君のお父さんは近所の気難しいオジサンみたいな。

bonobono
「ぼのぼの」には名言集には入らない消化しづらい台詞も溢れてて、読んだときはわからなくても後でボディブローのように効いてきたりと、そういう強さもある。

何よりもキャラクターが魅力的。初期の可愛さを意識してない「よくわからないなあ・・・」って無表情な顔もいいし、だんだんと登場人物が暴走しだす中期は好き過ぎて悶えるし(特にシマリス君の暴走はw衝撃だった)、もちろん可愛さを意識した現在の作風(画像参照)になってもファンのまま。

というわけで、今「ぼのぼの」関連にはどんな商品があるのだろうと検索したら出るわ出るわ、欲しいもののオンパレード。


・グッズ関連


・アニメ関連廉価版DVDとしてニコニコ動画で絶大な人気を誇る「しまっちゃうおじさん」スペシャルセレクションがオススメ


・文庫関連(久しぶりに読みたいという人はワイド版よりこっちがいいかも)


・名言関連(プレゼントとかに)

 

・・で、自分も買ってしまいました。

く、くそう宝島社の戦略にハマるとは・・・!

・持ち運ぶのは耐久性とか微妙そうですが、シマリスくん小物入れ含め室内で何か入れておくようにいい感じ!

 

ちなみに「ぼのぼの」関連情報は「ぼのねっと」に掲載。

ぼのねっと

 

 

そして情報によると渋谷ヒカリエに、期間限定の「ぼのショップ」がオープン中とのこと!(期間:2014年12月26日(金)~2015年2月28日(土))

bonosita

お金がなくなってしまう・・・

 

【関連記事】

 - アニメ, 講演会・イベント ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

嵐を呼ぶ栄光のヤキニク
クレヨンしんちゃんの映画で一番切ない作品は「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」だと叫びたい

アマゾンプライムがクレヨンしんちゃんの映画をほとんど見放題にしてくれたのでここの …

s_アニメクリエイターの選んだ至高の映画
【書評】映画秘宝とオトナアニメの究極タッグがついに聞き出した!『アニメクリエイタ―の選んだ至高の映画』(洋泉社)

アニメクリエイターが映画について語る語る 複数のアニメクリエイターが映画について …

アンパンマン映画
オープニングが凄い!最新劇場版『映画アンパンマンおもちゃの星のナンダとルンダ』

毎年毎年楽しみにしているアンパンマン映画ですが、 今回の最新劇場版『おもちゃの星 …

mitaiken
ネイキッドロフトで行われた「未体験ゾーンの映画たち2015予告編大会」まとめ

2015年1月からヒューマントラストシネマ渋谷で行われている映画祭 「未体験ゾー …

s_焼きたて
バイキンマンの圧倒的格好良さに涙する映画「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」

体調不良の日々なので難しい映画を鑑賞できず、Huluでアンパンマンの映画を見続け …

s_ドラゴンボールアイキャッチ
【映画評】『ドラゴンボールZ 神と神』が個人的に傑作だと思う理由

最新作『復活のF』公開記念ということで金曜日に放送していた『ドラゴンボールZ 神 …

s_画像
文化をあつめてつなげる新雑誌『コレコネ』創刊のお知らせ。

自分が所属しているサークル「Arts&Books」でこのたび新しく雑誌を …

no image
【映画感想】『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃』は良質なパニックムービー!!

(後半にネタバレ含んだボンクラ達の対談です。ネタバレ箇所はわかるようにしています …

惑星アトン
「安全教育アニメ」という存在を知り、面白さとグーグル的価値観の対立について考える

少し前からwebの学校に通い始めました。 本を読んでいても独学だとキツいところが …

映画「逆襲のロボとーちゃん」
映画クレヨンしんちゃんの最新作は歴代屈指のエグさ(少しネタバレ)

劇場でこのポスターを見た時から、「泣かせる気満々じゃないか・・・」と自分の中でハ …