トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

日本酒の本を選ぶなら「はせがわ酒店」監修の『日本酒事典』を読もう!

      2016/05/29

このあいだの山同敦子『めざせ!日本酒の達人』(ちくま新書)の評で自分が何を言ってたかというと、

「日本酒と食事の食べ合わせ」が載ってて凄い、巻末に掲載されている 「注目したい気鋭の造り手55人」が気合入りすぎててヤバい。つまり、こういう知識をもとに飲む前に日本酒の味の予測が立てられればお酒覚える率が高まって、より日本酒の道がどんどん開けるというのが要点だったわけです。

そこで「日本酒の基礎を一つずつ著者自らの言葉で語っているので、変にカラー満載の本よりもこれから日本酒を嗜むうえで最強のガイドとなっている」

と言ったんですが、このたび真っ当な通読できる「カラーの日本酒」の本が見つかりまして、それがこれ『日本酒事典』(はせがわ酒店店主社長・長谷川浩一監修)

東京駅地下・グランスタにある「はせがわ酒店」という、週末ともなるとバカスカと日本酒が買われる光景が楽しい今一番有名な酒屋。(亀戸や表参道の店も有名、いくつか店舗あり)

自分の家の近くで美味しい酒屋が見つかればそれに越したことはないですが、ここの酒屋が凄いのは良い酒が必ずあるという絶対の信頼感。サイトには「今日、何が入荷したか?」等も細かく掲載されており、なおかつ適正価格、保存もバッチリ。お店の横には日本酒Barも併設していたりと、用がなくてもふらっと立ち寄ってしまうお店なのです。

はせがわ酒店コーポレートサイト

 

 

『日本酒事典』はそこの「はせがわ酒店」の社長が監修しているため、もうとにかく実用性に溢れてて面白い。

日本酒に関する基礎知識の説明は特別ほかの日本酒本と違いがあるわけではないけれど(ただし紙面デザインが良いのでわかりやすい)好事家の視点だけではなく販売者の視点が入っている点が画期的。なおかつ最新の情報が非常に充実しているから雑誌感覚で楽しめる。

例えば、香港では吟醸酒が好まれるといった「海外で飲まれる日本酒」情報から、日本酒の詳しい保存方法、「古酒」の作り方、余った日本酒の使い方など流石は酒のプロフェッショナルという感じ。

そして使えるのがこの本のメインである「都道府県別日本酒カタログ」

別格に美味い酒は一ページで特集していて「美味しい酒」を見つけたい欲望を叶えてくれる正直な構成と、欄外に設置されたその酒に関するコラムの面白さは他の日本酒本とは一線を画している。

例えば、自分が好きな安くて色んな食事にもあってバカバカ飲める高知県の純米酒「美丈夫」についてはこんな感じ。(ここで紹介しているのは純米大吟醸だけども)

「控えめながらも気品のあるフルーティな香りと、やわらかい口当たり、爽やかな酸味が絶妙だ(中略)杉の日本三大美林として知られる「千本山」などの山々から下流に伝わってきた水は体にしみ通るような軟水。(中略)のどにつかえずなめらかな飲み心地と、控えめな香りの「美丈夫」は食中酒として料理とよく合う。毎日晩酌で飲めるような飽きない酒を目指している」

「確かに」と頷くしかない的確な味の解説と背景知識の補強。こんなのが47都道府県ごとにあるんだからたまらない(旅行先でどんな日本酒があるのかにも使える!)

しかも、実はまだあまり有名でないこっそり注目されている酒蔵もさらっと掲載されててそこら辺も宝探し感があって面白い

この本の値段は「1620円」

良い日本酒720ML一本を我慢すれば買えるこの本でより美味しい日本酒を求め、高値に踊らされない日本酒ブームを上手い具合に乗っていこうじゃありませんか!

 

【関連記事】

 - 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

pha著『ニートの歩き方』(技術評論社)評~走らない生き方~

前回の記事『無業社会』の書評で働いてないことへの抑圧を軽減することも重要である。 …

【書評】『教養は「事典」で磨け』(光文社新書・成毛眞)&おすすめの事典三冊

重く、分厚く、持ち歩くには難しく、値段も高いため余程のことがない限りは開かない「 …

映画→詩←映画『英詩と映画』評

検索「映画インターステラー 詩」でこのサイトにたどり着く人が多い。それだけこの映 …

見る人の記憶をこじ開ける写真集『映画館』(中馬聰、リトル・モア)

あまり映画を見ない家族のもとで育ったので、映画を本格的に見始めた時期は人より遅い …

子供は40000回質問する
子どもが常に好奇心を持っているなんて大間違い!『子どもは40000回質問する』(イアン・レズリー/光文社)感想

40000回、これは2歳から5歳までに子供が説明を求める質問の平均回数だという。 …

【書評】映画秘宝とオトナアニメの究極タッグがついに聞き出した!『アニメクリエイタ―の選んだ至高の映画』(洋泉社)

アニメクリエイターが映画について語る語る 複数のアニメクリエイターが映画について …

買う、読む、飲む。杉村啓『白熱日本酒教室』(星海社新書)書評

  「わかりやすさトップクラス」  ・星海社新書の本は導入がうまく、教 …

いま「犬マユゲでいこう」を読むと。

書店をブラブラしていたら、見たことのあるタイトルが。 石塚2祐子『犬マユゲでいこ …

映画への畏怖を叩き込まれる名著『淀川長治 —カムバック、映画の語り部』(河出書房新社)感想

最近は映画について書くことに悩んでいて、単体の映画について善し悪しを言うよりも。 …

デュレンマット『失脚/巫女の死』より「失脚」評

 デュレンマット『失脚/巫女の死』より「失脚」のあらすじ   失脚/巫女の死 デ …