トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

【書評】キャロル×ヤンソン×ホムホムの『スナーク狩り』(集英社)はプレゼントに最高の一冊

      2015/11/27

「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロル原作!

「ムーミン」の作家トーベ・ヤンソンが挿絵!

歌人の穂村弘が翻訳!

というこの本が1200円(税抜)それだけでもういいじゃないか、買おうぜ!というお話だけど、言葉の響きを楽しむ翻訳絵本としても良く出来ているのでそれも含めてオススメである。

伝説の生き物「スナーク」を捕まえるため旅に出た一行であったが、噂が噂を呼びどんどん変質していく「スナーク」に翻弄されるという『スナーク狩り』には一応のあらすじはあるものの、もともとがナンセンス詩なので物語としては非常にわかりづらい。

でもキャロル自身はある種子供向けというようにも考えていたようで、今回の本はそれを意識しているのか言葉遊び絵本のようにリズムが良い翻訳である。それもそのはず、ここに出てくる全ての訳文が5と7の音で構成されているのだ。

翻訳の困難さを「スナーク狩り」の辛さを味わうようだったという穂村弘は、5と7の音を任意の回数繰り返す日本語の長歌形式を借りて原文を訳している。例えば

(原文)

THEY sought it with thimbles, they sought it with care;
 They pursued it with forks and hope;
 They threatened its life with a railway-share;
 They charmed it with smiles and soap.

(訳文)

細心の注意をもって指貫で皆は探した

ぴかぴかのフォークと希望で駆り立てた

鉄道株で脅かした笑みとシャボンで金縛りした、

このように、文章が5音・7音という風に区切れるので、読んでいて非常に心地が良い。

ベルマンが買った海図にゃ海ばかり(5・7・5)
かけらも陸地は載ってない(7<8>・5)
乗組員はご満悦(7・5)
俺たちみんなにわかる海図だ(7<8>・7)

と内容がよく判らなくても、ナンセンスな原文の雰囲気が伝わってきて実際に口ずさみたいフレーズが頻出する。なので子供に朗読してあげるとけっこう喜ばれるのは間違いなし(間違いなかった)

なんの役に立つのよ。絵もない。会話もない本なんて」とはアリスの言葉だけれども、『スナーク狩り』はちゃんと絵もあり会話もある本ということで、何かプレゼントに本を上げたいなーと思っている人には非常にオススメである。

【一番のお気に入りフレーズ】

へっぽこな海図のなかにはへんてこな島や岬が書いてある

でもありがたや我々の尊敬すべき船長の海図は

なんて素晴らしいすみからすみまでまっしろしろだ

 

【関連記事】

 - 書評,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

【私的印象批評】底を求める/書くことの業『赤目四十八瀧心中未遂』(車谷長吉、文春文庫)

車谷長吉の直木賞受賞作『赤目四十八瀧心中未遂』は、主人公である「私」が数年前に地 …

生きて語り伝える、春日太一の書籍と最新作『役者は一日にしてならず』(小学館)について

点と点が線になる快感 ドラマも邦画もあまり見てこなかったせいで俳優の名前と顔を一 …

初めてスヌーピーの漫画を読むなら『スヌーピーコミックセレクション』(角川文庫)がおすすめ

今年は漫画、本・カフェ・アニメ・グッズなどありとあらゆるところでスヌーピーが流行 …

不穏と平穏とそのあいだ、いがらしみきお『今日を歩く』(IKKICOMIX)

『ぼのぼの』の原作者いがらしみきおが休刊となった月刊IKKIのWEBコミックサイ …

【書評】人生の圧倒的な肯定感に満ちた本『徹子と淀川おじさん人生おもしろ談義』

とにかく元気に二人は話す。 「徹子の部屋」に出演した淀川長治と番組パーソナリティ …

シャットダウン!ゴミ情報!『情報の「捨て方」』(成毛眞・角川新書)感想

一日ネットの海を漂って、ボーっとしているだけでもおそろしいほどの「情報」が溜まる …

寝る前にアントニオ・タブッキ『夢の中の夢』(岩波文庫)を読む

読書日記をつけてみることにしました。まずは一冊目として タブッキ『夢の中の夢』に …

pha著『ニートの歩き方』(技術評論社)評~走らない生き方~

前回の記事『無業社会』の書評で働いてないことへの抑圧を軽減することも重要である。 …

日本酒の本を選ぶなら「はせがわ酒店」監修の『日本酒事典』を読もう!

このあいだの山同敦子『めざせ!日本酒の達人』(ちくま新書)の評で自分が何を言って …

工藤啓・西田亮介『無業社会』評~根性論からの脱却~

朝日新書『無業社会』工藤啓・西田亮介(著)を読みながら、他人事じゃないという強い …