トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

料理は名前だ!『「平野レミ」のつぶやきごはん』(宝島社)書評

      2015/11/30

s_41e5D2EuCUL__SY344_BO1,204,203,200_

料理研究家・平野レミがゲスト回の「ゴロウ×デラックス」(2015年2月12日放送)を見た。

シンプルで美味しそうな(そして調理時間が短そうな!)料理の数々に「作ってみたい」と心から思ったので『「平野レミ」のつぶやきごはん』(宝島社)を早速取り寄せてみることに。

本書はtwitterで平野レミがつぶやいたレシピをまとめたもの、つまりすべての手順や食材が140字以内にまとめられているというかなり凄い料理本なのだ。特に自分が惹かれたのは料理のネーミングセンスである。

例えばこの本の代名詞ともなっている「バカのアホ炒め」

「バカのアホ炒め」教えるわ。牛しゃぶ肉150gと完熟トマト2個とニンニク2粒を薄切りにして、塩、胡椒と一緒に炒めるだけ!ちぎったバジルと好みでサワークリームを入れてね。ごはんやパスタの上にのっけて食べるの!スペイン語でバカは牛、アホはニンニクよ!

天才レシピ「バカのアホ炒め」 / Remy | お腹の底から幸せになろう。

 

↑「平野レミのサイト・・・料理のレシピを多数公開。サービス精神MAXね!

 

一回作ればわかるが平野レミの料理は忘れづらい。たぶんネーミングセンスが抜群だから作った料理が味とともに「言葉」として記憶されるからだと思う

アヒルの代わりに鶏肉を使う「ペテンダック」、ニラ醤油をつけだれにニラのしゃぶしゃぶをする「にらめっこ鍋」、レンジでチンした鶏胸肉にマヨネーズとマスタードを絡め砕いたコーンフレークをまぶす「あげないよナゲット」←揚げないと美味しくて人にあげたくないがかかってる。

いまや料理のレシピはその日買った食材を全部グーグル先生の検索窓にぶちこめばクックパッドでいくらでも出てくる時代である。だから膨大な情報の中から創作物である「料理」を浮かびあがらせるためには「名前」こそ重要だ。もしかしたら美味しそうな写真よりも。

平野レミの料理はそうしたキャッチーさに加えて、ネーミングから料理の手順が想起できる点も素晴らしい。「バカのアホ炒め」なんて一度作ったら二度と忘れないし、ここから「アホだらけのお粥」までぴょんと理解できる仕組みになっている。

どう楽しく手を抜くかの知識=「名前」を忘れないから検索の必要がなくなり、スーパーで食材を見たときに「あ、あれを作ろう」率が高くなるのだ。読み終わると「手抜き料理と手抜きアイデア料理は違うのよ!」という彼女の思考がよくわかる。

たぶん作る人のことをどこまでも考えている旺盛なサービス精神がこの本を面白くしているのだろう。

番組でも言っていたが、ここに出てくるレシピはtwitterの文字数制限である140字ギリギリではない、すべて120から130に文字数を抑えてある。

それは何故か、つぶやきを読んだ人がリツイートをする際にコメントを付け加えることが出来るようにということを考えてのことらしい。それを計算ではなく直感でやっているのが凄い。そういう平野レミの呼吸、全体的なセンスの良さをこの本はわかりやすく体感させてくれる。ごちそうさまでした。

 

 

【関連記事】

 - 書評, 食べ物

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

【書評】キャロル×ヤンソン×ホムホムの『スナーク狩り』(集英社)はプレゼントに最高の一冊

「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロル原作! 「ムーミン」の作家トーベ・ヤ …

運命は「さだめ」な笹原宏之編『当て字・当て読み漢字表現辞典』(三省堂)

今日紹介するのは「妄想型箱舟依存型症候群」と書いて「アーク」と読むサウンド・ホラ …

~これからは家で留学の時代!?~重田勝介著『ネットで学ぶ世界の大学MOOC入門』(実業之日本社)評

  「あなたはMOOC(ムーク)を知っているだろうか?」   …

知ってる人は知っている名作「ぼのぼの絵本」

 「2015年はぼのぼのが熱い」と言う記事を書いてそれなりにアクセスがあるみたい …

【書評】『ちいさな酒蔵33の物語』(中野恵利・人文書院)を読んで微生物に思いをはせる夜

ブームを受けて日本酒の本が最近多数出版されているが、本書は酒蔵自体にスポットの当 …

映画→詩←映画『英詩と映画』評

検索「映画インターステラー 詩」でこのサイトにたどり着く人が多い。それだけこの映 …

女性器サラリと言えますか?『私の体がワイセツ?!女のそこだけなぜタブー』(ろくでなし子、筑摩書房)感想

検索結果の順位が下がったり、サイト全体の評価が下がったりとそういうことで、グーグ …

【書評】『映画は中国を目指す』(洋泉社・中根研一)

「アイアンマン3」「ダークナイトライジング」「パシフィック・リム」・・・近年のハ …

武器を理解せよ傷を理解せよ、小野美由紀著『傷口から人生』(幻冬舎文庫)書評

本の正式名称は『傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった …

【書評】皿々に召還せし、人々の記憶『ラブレーの子供たち』(四方田犬彦・新潮社)

流石新潮社、豪華だわ…と思いながら四方田犬彦『ラブレーの子供たち』を読み進めた。 …