トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

料理は名前だ!『「平野レミ」のつぶやきごはん』(宝島社)書評

      2015/11/30

s_41e5D2EuCUL__SY344_BO1,204,203,200_

料理研究家・平野レミがゲスト回の「ゴロウ×デラックス」(2015年2月12日放送)を見た。

シンプルで美味しそうな(そして調理時間が短そうな!)料理の数々に「作ってみたい」と心から思ったので『「平野レミ」のつぶやきごはん』(宝島社)を早速取り寄せてみることに。

本書はtwitterで平野レミがつぶやいたレシピをまとめたもの、つまりすべての手順や食材が140字以内にまとめられているというかなり凄い料理本なのだ。特に自分が惹かれたのは料理のネーミングセンスである。

例えばこの本の代名詞ともなっている「バカのアホ炒め」

「バカのアホ炒め」教えるわ。牛しゃぶ肉150gと完熟トマト2個とニンニク2粒を薄切りにして、塩、胡椒と一緒に炒めるだけ!ちぎったバジルと好みでサワークリームを入れてね。ごはんやパスタの上にのっけて食べるの!スペイン語でバカは牛、アホはニンニクよ!

天才レシピ「バカのアホ炒め」 / Remy | お腹の底から幸せになろう。

 

↑「平野レミのサイト・・・料理のレシピを多数公開。サービス精神MAXね!

 

一回作ればわかるが平野レミの料理は忘れづらい。たぶんネーミングセンスが抜群だから作った料理が味とともに「言葉」として記憶されるからだと思う

アヒルの代わりに鶏肉を使う「ペテンダック」、ニラ醤油をつけだれにニラのしゃぶしゃぶをする「にらめっこ鍋」、レンジでチンした鶏胸肉にマヨネーズとマスタードを絡め砕いたコーンフレークをまぶす「あげないよナゲット」←揚げないと美味しくて人にあげたくないがかかってる。

いまや料理のレシピはその日買った食材を全部グーグル先生の検索窓にぶちこめばクックパッドでいくらでも出てくる時代である。だから膨大な情報の中から創作物である「料理」を浮かびあがらせるためには「名前」こそ重要だ。もしかしたら美味しそうな写真よりも。

平野レミの料理はそうしたキャッチーさに加えて、ネーミングから料理の手順が想起できる点も素晴らしい。「バカのアホ炒め」なんて一度作ったら二度と忘れないし、ここから「アホだらけのお粥」までぴょんと理解できる仕組みになっている。

どう楽しく手を抜くかの知識=「名前」を忘れないから検索の必要がなくなり、スーパーで食材を見たときに「あ、あれを作ろう」率が高くなるのだ。読み終わると「手抜き料理と手抜きアイデア料理は違うのよ!」という彼女の思考がよくわかる。

たぶん作る人のことをどこまでも考えている旺盛なサービス精神がこの本を面白くしているのだろう。

番組でも言っていたが、ここに出てくるレシピはtwitterの文字数制限である140字ギリギリではない、すべて120から130に文字数を抑えてある。

それは何故か、つぶやきを読んだ人がリツイートをする際にコメントを付け加えることが出来るようにということを考えてのことらしい。それを計算ではなく直感でやっているのが凄い。そういう平野レミの呼吸、全体的なセンスの良さをこの本はわかりやすく体感させてくれる。ごちそうさまでした。

 

 

【関連記事】

 - 書評, 食べ物

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

~ああ素晴らしきコロナ・ブックス~巌谷国士著『遊ぶシュルレアリスム』(コロナ・ブックス)評

美術館で感動し、その美術館の画集を買う。重い思いをして家にたどり着き本棚の所定の …

「ニチレイ レストラン用ビーフカレー辛口」は非常食にも日常食にもお金的にも最強のレトルトカレーだ!

「何も作りたくない」 という気分の時にはレトルトカレーである。 しかし、何故かこ …

【書評】『教養は「事典」で磨け』(光文社新書・成毛眞)&おすすめの事典三冊

重く、分厚く、持ち歩くには難しく、値段も高いため余程のことがない限りは開かない「 …

血とおっぱいに祝福を『トラウマ日曜洋画劇場』(皿井垂・彩図社)書評

かつてテレビで毎日のように映画を流していた時代があった。 ・・・と、ちょっと前に …

ゆきゆきて80年代、斉藤守彦『80年代映画館物語』(洋泉社)書評

「1980年代の東京」 そこは当時を知ってる人の言葉でいうならば「世界中の映画が …

日本酒の本を選ぶなら「はせがわ酒店」監修の『日本酒事典』を読もう!

このあいだの山同敦子『めざせ!日本酒の達人』(ちくま新書)の評で自分が何を言って …

「最前線を走る創作者たちとのガチ語り」西尾維新『本題』(講談社)書評

  西尾維新:自分の中にはそのつど「今」しかなくて、かっちりと『こうい …

【書評】キャロル×ヤンソン×ホムホムの『スナーク狩り』(集英社)はプレゼントに最高の一冊

「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロル原作! 「ムーミン」の作家トーベ・ヤ …

【書評】読んで燃えろ、見て燃えろ『激アツ!男の友情映画100』(洋泉社・映画秘宝EX)

【友人として、相手を思い、また裏切らぬ真心】とは「新明解国語事典第6版」に記載さ …

闇にさらなる闇を当て、高橋ヨシキ『悪魔が憐れむ歌』(洋泉社)書評

  字面から連想されるイメージとは異なり「悪魔主義者」とは絶対的権威を …