トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

本能刺激のはんなりグルメ漫画『ワカコ酒』(新久千映)

      2015/12/02

最近書店に行くと、食べ物系の漫画がとても増えている。

それらを買って色々と読んで人に薦めるならこれかなという感じで新久千映の漫画『ワカコ酒』の紹介をば。書店で平積みになっているから知っている人も多いけど2015年1月8日からBSジャパンでドラマ化もされるのでこの機会に(注:2015年に3分ほどのアニメになりましたが個人的にはこちらがおすすめ!)

なんでこの漫画を人に薦めようかと思うかというと、なんといっても軽いから

グルメ漫画の系譜として極端な演出系、バトル系、うんちく系、お店紹介系、あと最近の系譜として日常生活の辛さ解消系からのロハス的指向というものがある。

でも、『ワカコ酒』は、うんちくでもお店紹介系でもなく、あくまでゆるゆると26歳女性「村崎ワカコ」がひとり酒を楽しむ、それだけの漫画。それが読んでいると最高にお腹がすいて「外で食べたい!」と思わせてくれて良いのだ。

(以下妄想、食べログ文体)

6時30分ごろに仕事が終わり、家路を急ぐ。そこで気づくのが冷蔵庫の中身、お弁当に食材を使ってしまって野菜しかない、買いに行かなければならないしそれを料理しなければいけない。面倒くさいから惣菜にしようかと思うも今からではセールの時間も微妙に外している。

そんな時、今まで入ったことのないおでん屋さんが近くにあるのを思い出す。ためしに店の前に行ってみる、しかし微妙に汚れたのれんが店の中を見えなくさせ、中からは談笑の声が聞こえるという状況。寒いのでおでんは素晴らしい、けど気まずい、でも作りたくない。葛藤の末決意して店に入ることに。

まず常連客の多さにビビる、でも一度入ってしまえばこっちのものだ。ビールもいいけど焼酎のお湯割りを頼みおでんの盛り合わせを注文する。そして、おでんがお酒と同じタイミングで出てくる。ダシがよくしみこんだ熱々の牛すじを一口頬張り、この店に入って良かったと心の底から思い噛む、口のなかに広がるうまみとコリ、少し脂の残った口のなかに焼酎を含ませ脂を切る。次は何を食べようかと嬉しい迷い。

 

oden

http://www.kikkoman.co.jp/homecook

(妄想終了)おでんの画像はキッコーマンレシピ検索から。

この漫画はこういう感覚を出すのがとっても上手い。酒にこだわるわけではなく、酒を食事全体の一部として考えるから「ポテトサラダ×名も知らぬ焼酎のウーロン茶割」、「祭りの焼きそば×缶ビール」とその時の「気分」を盛り上げてくれる最適解を提示してくれるのだ。

酒の銘柄もお店の名前も出てこない。それが人によっては退屈と言う人もいるみたいだけど(アマゾンのレビューとかね。)その軽さが気軽に「ひとり酒」をしたいという物語の雰囲気とあってい。

ひとり酒はまあ、たまに面倒くさいこともあるけど(女性一人だと特に)たいてい楽しいことのほうが多いので入りづらいが気になる店があったならば、ただ本能の赴くまま突入すべしとこの漫画は「ひとり酒」に憧れている人を後押ししてくれるのだ。

 

【関連記事】

 - 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

穂村弘『短歌の友人』書評~友達作りの方法論~

「俺にもできる」 短歌を作ろうと思ったのは1年ぐらい前に読売新聞を読んでいた時だ …

上野千鶴子に映画の見方を学ぶ『映画から見える世界―観なくても楽しめる、ちづこ流シネマガイド』感想

数年前に新宿シネマカリテで、レオス・カラックス監督の映画『ホーリーモーターズ』を …

【書評】読んで燃えろ、見て燃えろ『激アツ!男の友情映画100』(洋泉社・映画秘宝EX)

【友人として、相手を思い、また裏切らぬ真心】とは「新明解国語事典第6版」に記載さ …

~禁忌への想像力~柳田国男『禁忌習俗事典 タブーの民俗学手帳』(河出書房新社)評

タイトルにつられて購入。「禁忌」と聞いて右目が疼く。 しかし事前に想像していたそ …

買う、読む、飲む。杉村啓『白熱日本酒教室』(星海社新書)書評

  「わかりやすさトップクラス」  ・星海社新書の本は導入がうまく、教 …

見る人の記憶をこじ開ける写真集『映画館』(中馬聰、リトル・モア)

あまり映画を見ない家族のもとで育ったので、映画を本格的に見始めた時期は人より遅い …

【私的印象批評】底を求める/書くことの業『赤目四十八瀧心中未遂』(車谷長吉、文春文庫)

車谷長吉の直木賞受賞作『赤目四十八瀧心中未遂』は、主人公である「私」が数年前に地 …

映画→詩←映画『英詩と映画』評

検索「映画インターステラー 詩」でこのサイトにたどり着く人が多い。それだけこの映 …

ゆきゆきて80年代、斉藤守彦『80年代映画館物語』(洋泉社)書評

「1980年代の東京」 そこは当時を知ってる人の言葉でいうならば「世界中の映画が …

デアゴスティーニ『隔週刊 映画クレヨンしんちゃん DVDコレクション』の刊行順にオトナの匂い

最近、書店で見かけてちょっとビックリしたのがデアゴスティーニから刊行された「映画 …