トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

女性器サラリと言えますか?『私の体がワイセツ?!女のそこだけなぜタブー』(ろくでなし子、筑摩書房)感想

      2015/11/26

検索結果の順位が下がったり、サイト全体の評価が下がったりとそういうことで、グーグルアドセンス的にも下ネタや水着姿の女性写真、お酒やタバコの話は駄目など様々な制約がある。マジか、中学生か。

s_love-680051_640
ち ん こ とおそらくは言っていいけど、女性器の名称はアウト(と思われる)。広告が配信されなくなるし、最悪停止措置を喰らう。テレビでも文章でも「それ」を大々的に言うことはないが「自主規制」という面ではネットも同じ。そういうのってなんでだろうとよく思う。ただ「それは変だ」「フランス語とかでなら言っていいのだろうか?」と初歩的なリベラル感覚を有してはいるものの『私の体がワイセツ?!』は最初のページから度肝を抜かれた。

「たかがこの3文字で、日本人は皆大慌て。これを表に晒すことはとんでもないことで、罪とされています」(本書p3より)

ということで、女性器の名称がこの後すごい勢いでれんこされて音頭も歌われるもんだから、たまげる。ゆえに、この本をみなさんは書評などでどうやって語るのだろうかと気になりつつ読み進めた。やっぱり「○んこ」←こうすればいいのかな、でもこれだと別のものと区別がつかないから「ま○こ」だろうか、と各媒体の規約を配慮して考えれば考えるほど面倒くせえなあ、と思う。

罪状「わいせつ図画頒布罪」(のちに「わいせつ電磁的記録記録媒体頒布罪」)で二度逮捕され現在も続く裁判において日本の制度および偏見と闘い続けているろくでなし子

彼女が何をしたかというと、自らの女性器をモチーフとしたアート作品を作り続け女性器をモチーフにしたボート「マンボート」、女性器型のすまほケース、暗闇で光る女性器照明→ほらね女性器女性器って面倒くさいでしょ。本書での表記はもちろん「まん○」)それらを展示したこと、自らの女性器の3D鋳型データを配布したのが問題とされ警察は彼女を逮捕した。

しかし本書のタイトルにもなっている通り、彼女の主張はただひとつ「自分の女性器はワイセツではない」である。

この本が凄いのは「○んこ」が連呼されるので読み終わると、なんで「ま○こ」の名称「三文字」に自分はギョッとしたんだろう?と首をかしげるほど劇的に読み手の認識が変わるということにある。そして、その「ギョッ」やおどおどは彼女を逮捕するため家に乗り込んできた警察官たちも同様で、証拠品を「これはあなたのあそこですか」と遠慮がちに尋ねるエピソードに始まり、彼女の女性器にまつわる珍騒動はこの国の「固さ」とドッキングしおかしなことになっていくので笑うこと必至。

しかし留置所の過酷な描写は衝撃的だった。一応は先進国なのだから刑務所のなかでもそれなりの人権があるだろうと思い込んでいたので特に。彼女はここで番号「820」と数字で呼ばれ、自分の持ち物(ティッシュなど)すら満足に使わせてもらえない生活を味わう。手紙を書くのは15時まで、新聞を読むのやノートを書くのは20時まで。そして必要なボールペンは雑居房ごとに一本の支給。土日祝日はそれすらも駄目。人の尊厳を奪うためとしか思えない細かでおかしなルールが支配するこの場所では、最低限の権利を申し立てるのも一苦労という実態が暴露される。さらに犯罪を犯した外国人にはその権利すら知らされない。

言葉にするだけでも「キツイ」状況。けれど、どんな苛酷な場面でもそれを茶化し、笑うことですべてを記録していった彼女の行動力、様々な人の助けを借りてどんどんとたくましくなっていくその姿はとんでもなく偉大である。(園子温が差し入れにサドと大杉栄の本を持ってきたエピソードは泣ける)そして「ま○こ」を抑圧する社会への異議から始まった彼女の戦いはこの国が隠したい状況を笑いとともにどんどん露出させていく。まさしく彼女はアーティストである、アートの原義は生き抜くための技術全般を原義とするからだ。

女性器の3Dデータを移行していることが問題となっている。では、それを言うなら学校での性教育における「女性器」の図像はどうなるのか妊婦さんの出産シーンはどうか?この本は読者にそういう疑問を抱かせるキッカケを与え、あっちはオーケー・こっちは駄目と常識や保守的な価値観を盾に人や物事を断罪する者たちの「コワさ」と「おかしさ」をあぶりだす一級のルポルタージュでもある。

 

↓こちらのコミックverも面白い。視覚的により独房の理不尽さが伝わってくる。

 - 日々のこと, 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

【書評】ビートたけしVS大英博物館『たけしの大英博物館見聞録』(新潮社・とんぼの本)

現在、東京都美術館で「大英博物館展―100のモノが語る世界の歴史」が開かれている …

pha著『ニートの歩き方』(技術評論社)評~走らない生き方~

前回の記事『無業社会』の書評で働いてないことへの抑圧を軽減することも重要である。 …

スターウォーズ最新作の前にスターウォーズ絵本で優しい気持ちに包まれる

引き続き、12月のスターウォーズ最新作に備えて旧作の見直しと関連書籍を読みふけっ …

いまふたたびの中つ国へ、別冊映画秘宝『中つ国サーガ読本』書評

ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)の格好良すぎる表紙に書店で引き寄せられ …

雑誌『POPEYE6月号』「僕の好きな映画」特集は時に面白く、たまにむかつく

男「ETってやっぱ面白いよね」 女「わかる。あたしなんてあのテーマ聞いただけでう …

工藤啓・西田亮介『無業社会』評~根性論からの脱却~

朝日新書『無業社会』工藤啓・西田亮介(著)を読みながら、他人事じゃないという強い …

「第十九回文学フリマ」へ行って買ってつらつら思ったこと

11月24日(祝)に行われた「第十九回文学フリマ」に行ってきました。前回行ったの …

本を開きて人が来る、磯井純充『本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた』(学芸出版社)書評

 中学生の頃『耳をすませば』に憧れ、蔵書が凄い図書室を持つ高校(自分にとっては非 …

映画への畏怖を叩き込まれる名著『淀川長治 —カムバック、映画の語り部』(河出書房新社)感想

最近は映画について書くことに悩んでいて、単体の映画について善し悪しを言うよりも。 …

村上春樹語る!川本三郎まとめる!貴重な映画本『映画をめぐる冒険』書評

村上春樹の貴重な本といえば若いころに村上龍と対談した『ウォーク・ドント・ラン』が …