トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

~ああ素晴らしきコロナ・ブックス~巌谷国士著『遊ぶシュルレアリスム』(コロナ・ブックス)評

      2015/12/02

美術館で感動し、その美術館の画集を買う。重い思いをして家にたどり着き本棚の所定の位置に収まったであろう画集をいま見ている。埃にまみれた「それ」を見ている。どうしてこうなった!?と自問自答しながら。

美術館で買った画集はどうして開かれないか。

それはおそらくその美術館に感動したからである。画集を開けば、あの絵画があるということを知っている。なまじ知っているのでそこで満足してしまいわざわざ開かない。知っていると思われるものを本棚にしまった時点で、美術館で買った画集は「積読」というよりも「再読」の困難さという次元になってくる。

美術館で感動した、それはその当時の自分の感情である。今それを本棚で見ている自分はその時とはまた違うからこそ新しい感情が出てくるはずなのに。読んだということで思考を止め次なる本への快感を求めてしまう心。

そして困ったことに画集の形態は「再読」という行動を阻害する。

重い画集が埃にまみれてるのを見て、それをイヤッホウ!!と楽しそうに取り出す人はあんまいないと思う。

ならば何度読んでも違う視点で見ることが出来て、軽く、それ単体としても面白く、気軽に読めるような、はっきり言ってしまえば通勤途中で見られる画集はないものか。

以上のことをグダグダと考えながら書店をめぐり、こうしたグウタラ野郎にうってつけの画集はないかということで見つけたのが平凡社のコロナ・ブックスシリーズのうちの一つ。『<遊ぶ>シュルレアリスム』である。

著者は巖谷 國士。

アンドレ・ブルトンの『ナジャ』など様々な書物の訳を手掛けているフランス文学者であり、シュルレアリスム関連の著作が多い。著作だけにとどまらず活動の幅が広く、彼の手によって監修された2013年7月に損保ジャパン東郷青児美術館での「<遊ぶ>シュルレアリスム」展は大変な評判だった。

本書はその図録集となっている。そして、この本は美術館の画集にありがちな重苦しい感じがまったくない。

250点以上も図版が掲載されているにも関わらずページ数は132ページ。冒頭でだらだらと自分が語っていた要件「軽い・安い・面白い」をすべて満たす電車の中でも読める美術書なのだ。気軽に本棚から取り出せて何度読んでも見飽きることがない。

ルネ・マグリット<囚われの美女>

ルネ・マグリット<囚われの美女>

その見飽きなさの最大の成功要因ともなっているのが展覧会の名前にもなっている「遊び」である。その遊びは決して軽いわけではない、ってことは重いの?と言われると困るのが「真剣に遊ぶ」という言葉である、真剣に遊びつつ軽いという一歩間違えればやすやすと誤解されてしまうあの難しいバランスを絶妙に保っているのだ。

そういう矛盾を引き受けた「シュルレアリスム」の作家たち47人を「不思議な風景」「友人たちの集い」「オブジェと言葉遊び」といった目次へ軽やかに引用し並べていく。

シュルレアリスム(超現実)とはレアリスム(現実)を超えるというものではなく、現実を徹底的に現実としたものである。それはある種「超かわいい」のような言語の感覚に近いという論旨から始まる巖谷 國士の『シュルレアリスムとは何か』(ちくま学芸文庫)を読んだときの驚きは忘れられない。

こういう明快な論理を持っているからこそ、従来のシュルレアリスム展とは違う軽やかな試みとしての本書。シュヴァンクマイエルや岡上淑子まで並べ巖谷 國士は遊んでいる。彼が楽しんでいる様子は図録を開くたびに伝わってくる、だからこそ専門性や蓄積がなくともひたすらキャッキャウフフとひたすらページをめくって楽しいのだ。

マックス・エルンスト<偉大なる無知な人>

マックス・エルンスト<偉大なる無知な人>

「軽い、安い、面白い」なこの平凡社「コロナ・ブックス」というシリーズ。他にも面白そうなのがいろいろあって気になる。

 

【関連記事】

 - 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

雑誌『POPEYE6月号』「僕の好きな映画」特集は時に面白く、たまにむかつく

男「ETってやっぱ面白いよね」 女「わかる。あたしなんてあのテーマ聞いただけでう …

【書評】皿々に召還せし、人々の記憶『ラブレーの子供たち』(四方田犬彦・新潮社)

流石新潮社、豪華だわ…と思いながら四方田犬彦『ラブレーの子供たち』を読み進めた。 …

運命は「さだめ」な笹原宏之編『当て字・当て読み漢字表現辞典』(三省堂)

今日紹介するのは「妄想型箱舟依存型症候群」と書いて「アーク」と読むサウンド・ホラ …

初めてスヌーピーの漫画を読むなら『スヌーピーコミックセレクション』(角川文庫)がおすすめ

今年は漫画、本・カフェ・アニメ・グッズなどありとあらゆるところでスヌーピーが流行 …

闇にさらなる闇を当て、高橋ヨシキ『悪魔が憐れむ歌』(洋泉社)書評

  字面から連想されるイメージとは異なり「悪魔主義者」とは絶対的権威を …

工藤啓・西田亮介『無業社会』評~根性論からの脱却~

朝日新書『無業社会』工藤啓・西田亮介(著)を読みながら、他人事じゃないという強い …

「第十九回文学フリマ」へ行って買ってつらつら思ったこと

11月24日(祝)に行われた「第十九回文学フリマ」に行ってきました。前回行ったの …

いまふたたびの中つ国へ、別冊映画秘宝『中つ国サーガ読本』書評

ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)の格好良すぎる表紙に書店で引き寄せられ …

【書評】初々しい言葉の連なり『前田敦子の映画手帳』(前田敦子・朝日新聞出版)

映画を見ないとその日は落ち着かないくらい、いま映画にはまっています。一日に何本も …

傑作の影にクソもあり、メガミックス編『傑作!広告コピー516』(文春文庫)書評

「需要が違うんだから」と女性に言い放つクソ男の台詞とその的外れなダサい広告のせい …