トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

名作+怪獣+ウルトラマン=「ウルトラかいじゅう絵本」のカオスな物語たち

      2016/06/08

ウルトラマン×絵本といえば思い出すのは、子育てに奮闘するウルトラマンやバルタン星人の姿をユーモラスに描いたみやにし たつや「おとうさんはウルトラマン」といった名作もありますが、

今回紹介するのはこれ「ウルトラかいじゅう絵本シリーズ」(出版社・あいうえお館)

誰もが知っている古今東西の物語を下敷きにウルトラマンに出てくる怪獣達が大活躍するこの絵本、たまたま書店で見つけてぱらぱらと読んだら展開がカオスすぎてすっかり魅了されてしまいました。

もちろん普通の物語もあります。友だちが風邪にかかったのをなんとかしなきゃと決意したタイショーがウルトラの母に相談し、手洗いをすることで敵を退治する「ダリーをやっつけろ」や、おじいちゃんのもとへ行くピグモンを騙そうとするケムール人やザラブ星人がゴモラとゾフィーによって痛い目にあう「ピグモンのおつかい」などは子供の教育にも効果を発揮する素晴らしい作品です。

必見「ウルトラかいじゅう絵本」名作選

しかし今回は昔からのウルトラマンファンも読みたくなること間違いなし!

シリーズのなかでもズバ抜けて自分が面白いと思った(展開に無理があるだろ!)な三冊をピックアップしてみました。

【ウルトラマン絵本第三位】「はしれギンガ」(原作:走れメロス) 

s_1440555886-417696_1

ウルトラの母のくすりをかいにきたウルトラマンギンガとビクトリー、しかしその国では、悪い王様ベリアルが民衆(かいじゅう)たちをいじめていました。

許せないと憤る二人は抗議しに行ってベリアルに捕まってしまいます。けれどウルトラの母に薬を渡すため、ギンガの代わりにビクトリーが牢屋に入れられ、ベリアルはギンガに向かって戻ってこなくていいぞ、お前の心はわかっていると高笑い。

薬を届けるために走るギンガ、無事に薬を渡し急いで帰ろうとしますが疲労はピークに。あきらめかけるギンガ、でも、ここで倒れたらビクトリーは牢屋から出られなくなってしまう!力の限り走ります。

戻ってきたギンガを見て「俺が間違っていた信じるというのはよいものだな」とベリアルは回心するのでした。

めでたしめでたし。

このベリアル絶対反省してないよ(笑)というラストシーンの悪人顔も含めて、タイトルを見たとき、読んでいる最中、読み終わって誰もがツッコミたくなる絵本。

ウルトラマンだから飛べばいいのでは。

 

【ウルトラマン絵本第二位】「カネゴンとかきのたね」(原作:さるかにがっせん)

「あるはれたひ カネゴンはおにぎりをもってさんぽにでかけました」

そこに強襲するメフィラス星人!「きみのおにぎりとかきのたねを交換しないかね」

「おにぎりは一度食べるとなくなるけど、柿の木はいくらでも食べられる!」と言葉巧みなメフィラスに騙されるカネゴン、しかしその柿の種を地面に埋めるとなんと大きな柿の木が出来ました。でもカネゴン君は背が小さく柿の実をとることができません。

そこにふたたびメフィラス星人登場「どれ、わたしがとってやろうじゃないか」と言って木に登り一人で柿を食べ始めました。

「ぼくにもおくれよ」と抗議するカネゴンでしたが、メフィラス星人は青い柿をカネゴンに投げつけ、いじめて、高笑い。

泣いているカネゴンのもとにモチロン、サボテンダー、ナメゴン、エレキングがやってきます。

そしてみんなはメフィラス星人をこらしめようと画策するのでした。復讐の時は来たれり!

 

【ウルトラマン絵本第一位】「なにがぬけるかな」(原作:おおきなかぶ)

ある日ダダがお散歩をしていると、どこからか「助けて」という声が。

声のする方向へ行くとそこには大きな野菜が生えていて「あなにはまってうごけないの」と言っています。

ダダは頑張って引っ張りますが全然抜けません。ともだちのガッツ星人を呼んで抜こうとしますが抜けません。

レッドキング、きょうりゅうせんしゃをよんできますが抜けません。

かいじゅうたちの数はますます増えていき・・・。

ゼットン、エレキング、タイラント、バードンまで手伝いにやってきます。

しかし、それでも抜けません。果たして穴の中に入ったかいじゅうを助けることは出来るのでしょうか・・・?

最終的なメンバーは読んでのお楽しみとして「お前までくるのかよ!」とウルトラマンのファンなら必見の一冊。

 

終わりに、動画もあるよ

個人的に好きだった一冊をあげるなら「ブースカのふゆじたく」

まず絵が可愛い。

「よう、ブースカじゃないか、そんなにあせをかいて なにをして いるんだい」とお調子者のババルウ星人と純朴なブースカというチョイスが絶妙で原作の「アリとキリギリス」よりも優しい展開に涙が出てきます。

 

「ウルトラかいじゅう絵本」シリーズは出版社の「あいうえお館」が読み聞かせをしている動画もあり!

 

【関連記事】

 - まとめ, 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

「ぼのぼの達と一緒に悩んで考える」いがらしみきお『ぼのぼの人生相談』(竹書房)書評

シマリスくん「(悲しみに)慣れるためになにかした?」 シロウサギくん「してないよ …

チャーリーブラウンとスヌーピーの可愛い画像
スヌーピーミュージアムに行った後はカラー漫画のサンデー版でスヌーピーの活躍を楽しもう

スヌーピーミュージアムも大盛況のなかKADOKAWAから新しいピーナッツのセレク …

岩井俊二のMOVIEラボ第三回「ラブストーリー」まとめ

岩井俊二のMOVIEラボ 第三回「ラブストーリー編」まとめ。ラブストーリーだから …

劇場版アンパンマン2
大人も絶対楽しめる!オススメのアンパンマン映画BEST5

療養中なので身体を動かすことも出来ず、ウジウジしっ放しの毎日だったので愛と勇気を …

本を開きて人が来る、磯井純充『本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた』(学芸出版社)書評

 中学生の頃『耳をすませば』に憧れ、蔵書が凄い図書室を持つ高校(自分にとっては非 …

【私的印象批評】底を求める/書くことの業『赤目四十八瀧心中未遂』(車谷長吉、文春文庫)

車谷長吉の直木賞受賞作『赤目四十八瀧心中未遂』は、主人公である「私」が数年前に地 …

【書評】闇があなたを見ている『続悪魔が憐れむ歌』(高橋ヨシキ著、洋泉社刊)

光と闇に分けられない曖昧な部分が描かれた映画、そこに目を向けるという点でこの続編 …

「最前線を走る創作者たちとのガチ語り」西尾維新『本題』(講談社)書評

  西尾維新:自分の中にはそのつど「今」しかなくて、かっちりと『こうい …

【書評】キャロル×ヤンソン×ホムホムの『スナーク狩り』(集英社)はプレゼントに最高の一冊

「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロル原作! 「ムーミン」の作家トーベ・ヤ …

売れるPOP
画力がレベル1でも関係ねえ!!『売れる!楽しい!「手書きPOP」のつくり方』に感激

POPがこんなに楽しいなんて!!と読んでいるだけで楽しく、実際に「作ってみる」と …