トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

【書評】『映画は中国を目指す』(洋泉社・中根研一)

      2015/11/26

「アイアンマン3」「ダークナイトライジング」「パシフィック・リム」・・・近年のハリウッドの超大作映画には一つの傾向がある。

それは作中に現れる中国要素だ。

時に物語のなかで必然性もなく挿入されるエピソードもあるので、気づいている人も多いかもしれない。ハリウッド映画は今や明確に超大国・中国のまなざしを意識して作品を作っている。

このたび洋泉社から出版された中根研一著『映画は中国を目指す~中国映画ビジネス最前線~』は現在の中国がどのような映画を受容しているのか?といったことを歴史的な経緯とともに説明し、その文脈において、この超大国に外国映画はどう組み込めるかの方策を具体的に語っている画期的な本だ。

【関連記事】

 - 映画本, 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

s_続悪魔が憐れむ
【書評】闇があなたを見ている『続悪魔が憐れむ歌』(高橋ヨシキ著、洋泉社刊)

光と闇に分けられない曖昧な部分が描かれた映画、そこに目を向けるという点でこの続編 …

s_テロルと映画
反スペクタクルへの意志『テロルと映画』(四方田犬彦・中公新書)感想

映画は見世物である。激しい音や目の前に広がる大きなスクリーンによって人々の欲望を …

tankano
穂村弘『短歌の友人』書評~友達作りの方法論~

「俺にもできる」 短歌を作ろうと思ったのは1年ぐらい前に読売新聞を読んでいた時だ …

zibun
~学びの達人たちの事例集~フィルムアート社『じぶんの学びの見つけ方』評

この本の刊行記念トークショー(←詳細はこちらから見れます)にこの本を読まずに行っ …

広告
傑作の影にクソもあり、メガミックス編『傑作!広告コピー516』(文春文庫)書評

「需要が違うんだから」と女性に言い放つクソ男の台詞とその的外れなダサい広告のせい …

デュレンマット
デュレンマット『失脚/巫女の死』より「失脚」評

 デュレンマット『失脚/巫女の死』より「失脚」のあらすじ   失脚/巫女の死 デ …

s_いぬ
いま「犬マユゲでいこう」を読むと。

書店をブラブラしていたら、見たことのあるタイトルが。 石塚2祐子『犬マユゲでいこ …

untitled ei
斉藤守彦『映画宣伝ミラクルワールド』書評~邪がまかり通る!~

 過去の映画について何故ここまで話が通じるのか 雑誌『映画秘宝』を読むたび&ゴー …

書籍『猫シネマ』
『ねこシネマ』を読んでロシア映画『こねこ』を見て悶えて日が暮れて

なにやら猫がブームである。 書店に行けば猫関連の本で棚は埋め尽くされている。自分 …

51SWyFzNj8L__SL500_AA300_
pha著『ニートの歩き方』(技術評論社)評~走らない生き方~

前回の記事『無業社会』の書評で働いてないことへの抑圧を軽減することも重要である。 …