トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

デアゴスティーニ『隔週刊 映画クレヨンしんちゃん DVDコレクション』の刊行順にオトナの匂い

      2015/12/02

最近、書店で見かけてちょっとビックリしたのがデアゴスティーニから刊行された「映画クレヨンしんちゃんDVDコレクション」

クレヨンしんちゃん

2015年2月17日に発売され「クレヨンしんちゃん」の映画DVDをキャラクター紹介や見どころ情報を付けて全21巻(隔週刊)で販売していくとのことらしい

ついに「クレヨンしんちゃん」にまでデアゴスティーニ商法が始まったか・・・と感心し、最新作の『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』が入ってないあたりになにか事情を感じる今日この頃。

ちなみに、その「オトナ」の事情をもっとも強く感じたのは発売の順序だ。ご存じのとおりデアゴスティーニは一巻はお試し価格として安く買える「いつものパターン」がある。

今回も通常価格1499円(税込)のところ、創刊号は799円(税込)

「わあ、安い!」そして、肝心の創刊号の映画は『映画クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲』

「わあ、汚い(笑)」

「一作目からじゃないのかい!」と思わず突っ込んでしまった。書店で。

サイトに掲載されたDVDのパッケージ通りに刊行されるなら、二冊目が『アッパレ戦国大合戦』、三冊目が『ヘンダーランドの大冒険』、四冊目でようやく最初の映画化作品『アクション仮面VSハイグレ魔王』と来るラインナップ。後半に若干の不人気作(柔らかい表現)を羅列していくあたり、トランプの「大富豪」でバシバシ強いカードから切っていくような、デアゴスティーニの「前半で売りまくれ!」という匂いを強く感じて実に味わい深い。

と、上から目線で判断し、いま目の前には創刊号。

あれ、おかしいなあ、と思いながらなんとなく創刊号は買ってしまうデアゴスティーニである。

ちなみに中身の制作裏話や見所などは正直ファンからすると知っている情報ばかりで編集が情けない。約1500円のDVDのおまけとして考えるならばこんなものかなという気もするが、せっかくの書籍なので設定資料とかインタビューとかあっても良かったんじゃないだろうかと、少し悲しい。

【関連記事】

 - 書評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

~悪問に負けず頭を動かそう~『ポール・スローンのウミガメのスープ』(エクスナレッジ)書評

また2ちゃんねるのオカルト板に入り浸ってしまっていてこんな時間。 東京郊外で心が …

映画→詩←映画『英詩と映画』評

検索「映画インターステラー 詩」でこのサイトにたどり着く人が多い。それだけこの映 …

懐かしいが懐かしいが懐かしい『念力ろまん (現代歌人シリーズ) 』(笹公人・書肆侃侃房)感想

たまたま手に取ってグイと魅了されたこの笹公人の『念力ろまん』は、ただ単純に短歌を …

【書評】読んで燃えろ、見て燃えろ『激アツ!男の友情映画100』(洋泉社・映画秘宝EX)

【友人として、相手を思い、また裏切らぬ真心】とは「新明解国語事典第6版」に記載さ …

~ああ素晴らしきコロナ・ブックス~巌谷国士著『遊ぶシュルレアリスム』(コロナ・ブックス)評

美術館で感動し、その美術館の画集を買う。重い思いをして家にたどり着き本棚の所定の …

シャットダウン!ゴミ情報!『情報の「捨て方」』(成毛眞・角川新書)感想

一日ネットの海を漂って、ボーっとしているだけでもおそろしいほどの「情報」が溜まる …

264万句のつぶやき、仲畑 貴志『万能川柳20周年記念ベスト版』(毎日新聞社)書評

少し前に広告コピーをまとめた本について書いた時に悪口をたくさん言った。でもその本 …

ゆきゆきて80年代、斉藤守彦『80年代映画館物語』(洋泉社)書評

「1980年代の東京」 そこは当時を知ってる人の言葉でいうならば「世界中の映画が …

【書評】闇があなたを見ている『続悪魔が憐れむ歌』(高橋ヨシキ著、洋泉社刊)

光と闇に分けられない曖昧な部分が描かれた映画、そこに目を向けるという点でこの続編 …

【書評】青ペン効果。信じるか信じないかは・・・『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』(相川 秀希・KADOKAWA/中経出版)

『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』(相川 秀希・KADOKAWA/中経出版 …