トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

「打率9割9分9厘、それはゴリラ」映画『ミスターGO!』感想

      2015/11/26

予告があまりにも微妙だったので、どうなんだろうと思いつつ感想が誰からもあがってこないので上映最終日に地元のシネコンへ特攻。

観客は

俺一人

「九回二死満塁。代打、ゴリラ。」

この映画のすべてがわかるキャッチコピー(歴代ベスト級の語感の良さ、発音してみよう)

感想:凄く良く出来てました。 


あらすじ

ウェイウェイはサーカス団を経営していた祖父の元で、素振りが得意なローランドゴリラ「リンリン」とともに暮らしていた。

だが、祖父は吉林省の大地震で亡くなり、ウェイウェイのもとには莫大な借金が残される。リンリンを売るよう借金取りから脅されたていたある日、ウェイウェイのもとに韓国プロ野球の敏腕エージェント・チュンソがスカウトに訪れる。

サーカス再建の野望のためウェイウェイはリンリンを連れて韓国へ旅立つのであった・・・。

「ホームから始まってホームに戻ってくる」

ウェイウェイは野球の何が好き?と言われてこう答えます。

これはすなわち彼女の行動原理であり、いずれは中国へ戻るという構造が示唆されています。

そして韓国野球にはゴリラが野球をしてはいけないというルールはない」というまるで『野球狂の詩』のようなこのゴリ押しの1テーマをどのように最後まで持続して見せるか。

9回裏からと言われるように、現実の野球が十分ドラマチックである以上、その方向に映画も追随するとしたら負けないぐらい「劇的」にするのが必要です。サーカス再建のためにお金が必要な彼女と作中最強キャラクターのゴリラへ様々な障害が立ちふさがり、それを乗り越えていく。

ゴリラのリンリンとウェイウェイ

ゴリラのリンリンとウェイウェイ

劇的な9回裏の攻防

その最後の劇的な場面が、9回裏の攻防。

ゴリラVSゴリラです

さらっとネタバレしてますが、予告編でも流れてるので無問題。

ライバルであるマウンテンゴリラのレイティンはウェイウェイ達と同じくサーカスの一員でしたが激しい気性ゆえウェイウェイに愛想を尽かされてました。

それを恨みの糧として同じく負のオーラを持った借金取りの人たちが目をつけました。(悪には悪の道がある)

自分が手なずけることが出来なかったレイティンと借金取りが通じ合っているのを見てウェイウェイはショックを受けます。リンリンの活躍で有名になったウェイウェイはサーカス再建のための「お金」という目的しか考えなくなってました。リンリンの膝に大きな負担がかかっていることに気づかず。

日本野球界の「代理戦争」じゃあ!

中日ドラゴンズのスカウトマン・イトウ(演じるはなんとオダギリジョー)

中日ドラゴンズのスカウトマン・イトウ(演じるはなんとオダギリジョー)

そしてレイティンには、日本の中日ドラゴンズからスカウト(演じるのはオダギリジョー!!)が、リンリンには作中で「永遠のライバル」と形容される読売ジャイアンツのスカウトが、

絶対に負けるわけにはいかないと土下座をして獲得に乗り出します。

かくして、この二匹の闘いは日本野球会の代理戦争ともなりすべては9回裏の攻防に収束していきます。

しかし、リンリンの膝はついに限界をむかえ・・・。 

劇的なクライマックスへ・・・

9回の攻防は燃えました。燃えました

観客一人だから

立ちましたよ

漫画『アオイホノオ』で主人公が「ロッキー」を見て声援を送ったような感じで。

もちろんストーリーの粗は探せばいくらでもあります。

(登場人物の行動原理が一定しなさすぎ、大人の都合が分かりづらい、はやく球場に行け、さっさと金送れ、ゴリラ攻略のために何かするとかもうちょっと人間頑張れ)

でも作ってるところは作ってある。何より

 野球史上例を見ない最後の決着(予想不可能!!)は必見!

そして、そこからスタッフロール流れるまでのアクション活劇と上がる音楽(堪能!)、悪には悪の道があるんじゃあ!と言わんばかりの最高の終わりに思わず拍手しました。

配給会社のGAGAよありがとう

コケたかもしれないけど良い映画だった。コケたかもしれないけど

 

 

【関連記事】

 - 映画評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

実写版『ブギーポップは笑わない』を見て感動した人と友達になりたい

時代の空気をまとった映画について最近考えている。 たとえば、「スプリガン」「地獄 …

『テッド2』の前に久しぶりに『テッド』を見てみた感想

一人の少年がある夜、星にテディベアを話せるようにしてくださいと願い、見事それが叶 …

映画『ポエトリーアグネスの詩』評(監督:イ・チャンドン)

(後半ネタバレあり) 詩と映画ということで作品を見続けているが、ここ最近で一番印 …

ルドルフ一世児童文学
鈴木亮平&井上真央の声に心震える教養映画『ルドルフとイッパイアッテナ』感想

2か月ぶりの更新でごわす。 2か月も更新してないと「大丈夫か」などの声も聞こえて …

恐怖の手
並大抵のホラーじゃ太刀打ちできない『映画クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶ!踊れアミーゴ!』のヤバすぎる怖さ

自分が「書く」行為にいたるときは、いやいや過小評価され過ぎでしょう、おかしいでし …

アレクセイ・ゲルマン『神々のたそがれ』に関してウンベルト・エーコは何を言ったのか(未解決)

  「アレクセイ・ゲルマンに比べればタランティーノは、ただのディズニー …

様々な愛にあふれた恐竜映画『ジュラシック・ワールド』(監督:コリン・トレボロウ)感想

(後半にネタバレあり) IMAXやら4DXで『ジュラシック・ワールド』を見たかっ …

ただ青き終わりに向かって、映画「ブルーリベンジ」(ネタバレあり)

 「復讐は意味がない」という当たり前のことを見終わって久しぶりに考えた。この映画 …

ひたすらしょーもない映画『シェアハウス・ウィズ・バンパイア』を見たボンクラの感想

 *ネタバレはありますが、面白い部分は出来るだけ触れてないようにしてます。 &n …

映画『PAN ネバーランド、夢のはじまり』感想。2015年屈指の3D表現に痺れた

黒ひげ:「ネバーランドへようこそ!」 最近定型の物語を脚色したり、後日譚を作った …