トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

上野千鶴子に映画の見方を学ぶ『映画から見える世界―観なくても楽しめる、ちづこ流シネマガイド』感想

      2015/11/27

数年前に新宿シネマカリテで、レオス・カラックス監督の映画ホーリーモーターズを鑑賞後、頭が混乱した。その戸惑いを抑えるべく壁に掛けらていた映画評を見ていたら、難解な修辞学に逃げることなく映画の流れや構成を明晰に語っている文章に出会い、しばし時間を忘れて読みふけった。

評者に「上野千鶴子」とあって驚いた。あ、上野千鶴子って映画評も書くんだと。

それからしばらくたってこの本が出た。2008年から2013年に「クロワッサン・プレミアム」で連載していた性質のため、俳優や映画のテーマ、それについての自身の感想などがコンパクトにまとまっており大変に親切な作り。ちなみに『ホーリーモーターズ』評もここで読むことが出来る。

どうやら上野先生、昔はかなりの映画フリークだったようだ。若い頃は三本立ての上映やオールナイトで朝まで、というようなこともやっていたらしく勝手な親近感が湧いた。

だから編集者の依頼で久しぶりに映画について考えるようになって、「わざわざ映写機を購入し、壁面にスクリーンが降りてくるようにしておうちにミニシアターをつくったりもした」と実に楽しそう。

さて、楽しみながら書いている筆さばきであるが上野千鶴子はフェミニズムの論者として「辛口」で知られている。(知らない人は『東大で上野千鶴子に喧嘩を学ぶ』を読んで震えよう)

映画ではどうだろう、もちろん。納得がいかないと容赦なく斬っていく

たとえば『ヒステリア』という19世紀末ロンドンを舞台にした女性用バイブレーターを発明した男の映画がある。

ヒステリア [DVD]
ヒステリア [DVD]

 女性のヒステリーを性的欲求の解消、つまり「性的マッサージ」によって治していた青年医師が働きすぎによって腱鞘炎になってしまい、しかしそれによって電動マッサージの開発へと繋がるという脚本の流れが巧みで、間には当時のイギリスが抱えていた女性の権利の問題が絡む。

「ああ・・・いい話や」と見終わって普通にそのままべた褒めしている感想が当時の自分のノートに書いてあった。小道具もいいし、ほんわかした終わりが好みだと。

だが女性の権利活動をしていたヒロインが、最後に主人公と結ばれるラストが上野千鶴子は不満らしい。

「バイブは男要らずのはずなのに、対等なパートナーを求めたヒロインに、最後にビクトリア調の求婚が待っている。やっぱりロマンスと結婚が終着駅なのか。夫と違ってバイブなら、合わなきゃすぐにとっかえられるのにね」

とこんな感じで上野節が炸裂する。そう言われると、確かに後半の展開は甘々である。自分はその甘々が良いと思ったが、しっかりした軸のある意見は聞いていると参考になり、映画のテーマについて今一度振り返る行為、つまり対話が生まれるきっかけとなる

テーマが明快にあって、それを理解していても語りにくい映画がある。「映画批評」といったときに、ともすればそうしたことから目を背け、何が画面に映っているかといった美学的側面へ逃避してしまいがちだが上野千鶴子はテーマから目をそらさない。映画が何を伝えているかという「軸」を彼女はしっかり捉えていく。本書の目次は「老い」「女性の生き方」「戦争」など語りづらいものばかりである。

たとえば「老い」というテーマ。その老いについて、何を語っても具合の悪い感覚に満ちた文章になるのは想像がつくので映画にそれが描かれていた場合、そこを自分は迂回することが多い。経験がすべてとは言わないが、語りづらい作品に出会った時に語りやすい側面を見つける傾向が自分にはあると気づかされた。しかし上野千鶴子はミヒャエル・ハネケ『愛、アムール』を老齢の男女の問題としてのみ描くテーマを批判する、行政や制度について描かなくていいの、と。

愛、アムール [DVD]
愛、アムール [DVD]

それに反論することは出来る。その世界の狭さ、金を持っていても追いつめられることの苦悩、たとえ監督本人がそう思ってないにしても(そう思ってない節はある)『愛、アムール』というタイトルは皮肉だと自分は捉えたということを。

けれど、この意見はこの本を読むまで考えつかなかった。無意識の内に正解を求めてしまい、それについてのテーマに対して自分の経験が足りないと、馬鹿なことを言いそうだと、この映画の場合は作品に出てくる部屋の狂った構造について思考し「老いと介護」に真っ向勝負で答えなかった。

語りづらい映画について、しっかりとそのテーマが描かれているのならそれに答えることもまた時に必要なのだ。たとえ間違っていると言われても、しっかりと軸をもってした言葉はさらなる意見の可能性となる。上野千鶴子の映画評にはそれがあり、それは当然映画以外の所から調達してきた彼女の戦いの成果である。

そういう人だからこそ、原発事故を描いた園子温の『希望の国』を、真正面から受け止めた上でその試み自体は評価しつつも「ホンモノの悲劇には届かない」と言えるのだ。2008年~2013年の5年間に「日本」で上映された作品について語ったこの本は、コンパクトな映画評でありつつ、上野千鶴子が見た社会が投影された貴重な時評集でもある。

 

【関連記事】

 - 映画本, 書評 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

本題
「最前線を走る創作者たちとのガチ語り」西尾維新『本題』(講談社)書評

  西尾維新:自分の中にはそのつど「今」しかなくて、かっちりと『こうい …

s_urutora01
名作+怪獣+ウルトラマン=「ウルトラかいじゅう絵本」のカオスな物語たち

ウルトラマン×絵本といえば思い出すのは、子育てに奮闘するウルトラマンやバルタン星 …

ナタリー
大山卓也著『ナタリーってこうなってたのか』(双葉社)評

ネットで記事を書いていると、文章術含め色んな人が色んなことを言っているなあと思っ …

s_ゼロ年代アメリカ
ゼロ年代、あなたの心に何が残りましたか?『ゼロ年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)感想

「もっと早く読んでおけばよかった」 ゼロ年代アメリカ映画100 (アメリカ映画1 …

80年だい
ゆきゆきて80年代、斉藤守彦『80年代映画館物語』(洋泉社)書評

「1980年代の東京」 そこは当時を知ってる人の言葉でいうならば「世界中の映画が …

syo-penn
~哲学者の苛烈な批判~、ショーペンハウエル『読書について』(コンクール用の下書き)

 毎年、光文社では課題本を設け「古典新訳文庫エッセイコンクール」と称し幅広く文章 …

クレヨンしんちゃん表紙
デアゴスティーニ『隔週刊 映画クレヨンしんちゃん DVDコレクション』の刊行順にオトナの匂い

最近、書店で見かけてちょっとビックリしたのがデアゴスティーニから刊行された「映画 …

傷口から人生
武器を理解せよ傷を理解せよ、小野美由紀著『傷口から人生』(幻冬舎文庫)書評

本の正式名称は『傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった …

untitled ei
斉藤守彦『映画宣伝ミラクルワールド』書評~邪がまかり通る!~

 過去の映画について何故ここまで話が通じるのか 雑誌『映画秘宝』を読むたび&ゴー …

仲畑アイキャッチ
264万句のつぶやき、仲畑 貴志『万能川柳20周年記念ベスト版』(毎日新聞社)書評

少し前に広告コピーをまとめた本について書いた時に悪口をたくさん言った。でもその本 …