トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

眠いけど、TBSの深夜番組『アカデミーナイト』がおもろいよ

      2015/12/02

ライムスター宇多丸」といえば映画を見ている人なら、いまや知らない人はほとんどいないであろう映画評論家である。ヒップホップの伝説的存在でありながらその腰の低さ、博識でありながら喋りのバランスの良さ、しかし言いたいことはキチンと言うイズムで、土曜日のTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』は人気を博している。

中でも人気なのは番組の1コーナー「ムービーウォッチメン」。公開中の映画を毎週一本ランダムで選び、それを実際に宇多丸が見た上で30分近く一人で喋っていくスタイルは多くの映画ファンを魅了している。(「シネマハスラー」時代の本は書籍化もされていて、音源に関しても多くはYouTubeなどで聞くことが可能)

しかし、それを熱心に聴いている映画ファンでもTBSで木曜日深夜2時46分から放送している「アカデミーナイト」を見ている人は少ない

地上波において「王様のブランチ」の映画コーナー、TOKYOMXの「ニッポンダンディ」金曜日とともに重要な映画供給源なので知らないのはあまりにもったいない。なので今回紹介させてもらいやす。

 

TBS「アカデミーナイト」 毎週木曜日深夜放送

 

 

「アカデミーナイト」は公式サイトの説明を引用すると

ライムスター・宇多丸が気になる映画やオススメ映画をご紹介!!
豪華ゲストへのインタビューや、映画好き芸人とのマル秘トークが炸裂!
この番組を観れば、映画界の今が分かる!? 映画の魅力満載の30分!

となっていて、宇多丸がMCを務めているのは2014年の4月から。(以前はコトブキツカサ)

特集は

①、ムービー★シェアハウス・・・「大家」である宇多丸が芸人たちと共に映画のプレゼン合戦。

②、バックボーン★アカデミー・・・TBSがスポンサーの映画に出演している役者が自身の経歴、映画について語る。

③、宇多丸シネマコンシェルジュ・・・TBSがスポンサーの映画に出演している役者にテーマを出してもらい宇多丸がそれについての映画を薦めるというもの。

と3つに分かれていて、日によってどれになるのかはけっこうバラバラである。

もともと自分は宇多丸の喋りが目当てだったので①が当たる回はとても嬉しかった。最近だと光浦靖子とお笑いコンビ「鬼ヶ島」おおかわらが出た回が本当に神回でテーマは「禁断の恋愛」。

光浦が「ブリキの太鼓」という渋いチョイスをするかと思えば、おおかわらは「恋に落ちたシェイクスピア」で恋愛と創作について語り宇多丸は「ハロルドとモード」でこの映画のテーマを語りきり他の芸人を泣かせるという物凄いプレゼンを繰り広げた。(実際に映像も出てくるので、どの場面にそれぞれが着目しているのか面白く、映画で漫才をしているようで毎回とにかく面白い)

特集③「シネマ・コンシェルジュ」に関しては、この番組はいわばTBSの映画宣伝の場でもあるので数か月にもおよぶ「ルパン三世」や映画「クローバー」の特集に最初こそ「またかよ」と辟易することもあったが、限られた枠組みの中で最大限に言いたいことを言うというのは宇多丸の持ち味でもある。

なので実はここも宇多丸の芸(ルールを守ったやりたい放題)が光っていて大きな見所となっている。(黒木メイサに「上海特急」「上海から来た女」「白いドレスの女」というファム・ファタール映画三本を薦めたり)

ここ半年で一番面白かったのが 特集②で綾野剛が出た回、雑誌とかだと事故ギリギリなんじゃないかと思うぐらいぶっきらぼうで面白い発言が多く見ているこっちはゾクゾクしてしまった。(染谷将太の回も良かった。演技と映画と来歴について真剣に語る場が案外ないからこそここで面白いのが出てくるのかも)

 (以下、綾野剛発言集)

映画は嫌いだった。火事がいかに怖いかで『タワーリングインフェルノ』見させられたり、ラーメンがいかに素晴らしいかで『たんぽぽ』を見させられたりしてた

「(仮面ライダー555について)これっぽっちも乗り気じゃなかった

台詞覚えるのが面倒くさかった。演劇部とか相当馬鹿にしてたタイプ

などとぶっきらぼうに言うが、このあと平成版仮面ライダーの監督・石田秀範と出会ったことで真剣に「役者」の勉強を始めようと思ったことや、「アイ・アム・サム」におけるショーン・ペンの演技について、自信も認めるこの先の方向性が見えた作品として『そこのみにて光輝く』を熱く語るなど見どころ満載の回である(実はこの回は調べればネットの海に漂ってる)

映画についてわいわい喋るのが好き、役者がどういう風に演技に臨んでいるのか知りたい、映画について面白く喋れるようになりたいなど様々な興味を持つ人には本当に『アカデミーナイト』はたまらない番組である。オススメです

 

【関連記事】

 

 - テレビ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

s_絞殺魔
血とおっぱいに祝福を『トラウマ日曜洋画劇場』(皿井垂・彩図社)書評

かつてテレビで毎日のように映画を流していた時代があった。 ・・・と、ちょっと前に …

camera_02
ライムスター宇多丸、『アカデミーナイト』卒業・・!!

えー二週間前にこういう記事を書いたばかりなんですが 眠いけど、TBSの深夜番組『 …

フランス版アニメ「PEANUTS スヌーピー」(テレビ東京)感想、あまりの可愛さに初回から心をやられる

10月からテレビ東京で毎週日曜朝7:24分から放送の始まったピーナッツ新作アニメ …

s_はに丸
はに丸の鬼畜ジャーナリズム「はに丸ジャーナル」(NHK)が熱い

黄金週間なのに黄金がないので、ゴロゴロと居間で寝転んでいたら・・・ はに丸「討論 …

いわい
岩井俊二のMOVIEラボ第二回「特撮編」まとめ

 2015年1月15日放送回まとめ。 一回だけまとめるつもりが、二回目のほうが面 …

岩井俊二
岩井俊二のMOVIEラボ第三回「ラブストーリー」まとめ

岩井俊二のMOVIEラボ 第三回「ラブストーリー編」まとめ。ラブストーリーだから …

s_狩野英孝 心霊
笑霊降臨!!『狩野英孝の行くと死ぬかもしれない肝試し』が面白すぎて

いやー、ようやくレンタルが開始されましたわ。 『狩野英孝の行くと死ぬかもしれない …

ぶりぶりざえもんグッズ
ぶりぶりざえもん復活ッ!再登場までの道筋を『ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと』でチェック

「わたしは常に強いものの味方なのだ」 「お助け料、一億万円。ローンも可」 「救い …

s_ばらいろ
「世界ダンディ研究所THE MOVIE」&「バラいろTHE MOVIE」(全123回テーマまとめ)

映画について人に何かを勧めたり、系統だてて話すとき『ニッポンダンディ』&『バラい …

s_アイキャッチ 台湾
「美食+お洒落+物語!!」中国語版『孤独のグルメ』第一話感想

放送前から何かと話題だった、中国語版『孤独のグルメ 台湾篇』(原題:『孤独的美食 …