トレーダー分岐点

新刊本や新作映画、アニメの感想などを書き続けるサイト|トレーダー分岐点

*

TSUTAYAレンタル注目作(2014年12月中旬~2015年1月上旬)冬休みの参考に

      2015/12/02

一部上旬の日付がありますが、前回とは重複せず追加されたレンタル情報となっています。

TSUTAYAレンタル注目作(2014年11月中旬~12月上旬) | トレーダー分岐点

 

 

年内はこれがレンタルDVDに関してはラストの更新。(冬休みの参考になれば幸いです)

*入荷状況は店によってばらつきがあると思います。
1、日付はレンタル開始日、お勧め作品は赤字で目立つようにしてコメントをつけてます。
2、今回からラストに「これは借りたほうが良いBEST3」を設けました。
3、だんだんと映画が公開されることなくDVDスルーになる映画が増えてきている印象
4、上旬に編集したものなので中旬までに何か追加があればその都度編集して加えていきます。

 

12月2日

・「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」

・「犯人は21番に住む」・・・「情婦マノン」などが有名なサスペンスの名匠H=G・クルーゾーの処女作、三大映画祭週間2014で上映された作品。

★「この庭に死す-デジタルリマスター版-」・・・同じく今年の三大映画祭週間2014で特集されたルイス・ブニュエルの見ることが困難だった一作。必見

12月10日
「青鬼」・・・予告編がニコニコ動画でランキング一位となった大人気フリーゲーム「青鬼」の実写映画。うん

12月12日
「カムバック」・・・TOKYO MXの「ニッポンダンディ」で見た人すべてに王道であり普通と言われてて逆に気になる。

12月17日

・「るろうに剣心 京都大火編」
★「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」
・「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」
・「春を背負って」
★「かぐや姫の物語」

 →「かぐや姫の物語」がようやくDVDに、もう一年経つのか。「米ロサンゼルス映画批評家協会は12月7日(現地時間)、高畑勲監督「かぐや姫の物語 」に最優秀アニメ映画賞を贈ると発表した」とのこと(次点は『レゴ・ムービー』)『アンダー・ザ・スキン』はネット上の評価は低いけど、見た人はみんな見た方が良いよと言っていたので気になってます。たぶん2014年的にとても重要な作品の一本。「スカーレット・ヨハンソンが脱ぐ!」目当てじゃないよ。

 

12月19日

・「バッドガイ 反抗期の中年男」
★「TVアニメ“ぼのぼの” しまっちゃうおじさん スペシャル」
・「蛇蝎のごとく」
・「胡桃の部屋」

→「バッドガイ」は今回のTSUTAYA劇場未公開作DVDの中では比較的海外の評価が高かったので気になってる。こうやって何の利害も絡んでない人がちょっとずつDVDスルー作品をチェックしていくしかないですね。TVアニメ「ぼのぼの」は「しまっちゃうおじさん」だけが出てくる話を集めたセレクション。レンタルもいいけど書店で売ったりしてて安いので買っちゃえばいいと思う。

「蛇蝎のごとく」「胡桃の部屋」は向田邦子作品のドラマ化。

 

12月23日

・「イントゥ・ザ・ストーム」
・「リトル・フォレスト 夏・秋」   
・「なまいきチョルベンと水夫さん」

 →「リトル・フォレスト」は予告編がとても気になっていながらも見逃した作品。「冬・春」篇が2015年2月14日から全国ロードショーするとのことなので見ておくといいかも。原作が好きだった人の評価も高いです。

 

12月24日

・「エスケイプ・フロム・トゥモロー」  
・「サッドティー」  
・「複製された男」

→ディズニーランド無許可撮影映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」ついにDVD化。「サッドティー」はたぶん買います。「複製された男」はサラマーゴの原作を先に読む感じ。

 

12月25日

・「マデリーン愛の旅路」
・「素晴らしき休日」

→TSUTAYAを色々巡って思ったのが、こういう古典映画は大きいところにしか置いてないです。むう

 

12月26日

★「ブロークン」   監督: ルーファス・ノリス 
・「アンディー・ウォーホルのBAD」   監督: ジェド・ジョンソン 
・「悪魔のゴミゴミモンスター」
・「黄金の棺」   監督: セルジオ・コルブッチ 

→「発掘良品」が何なのかわからないので、このあたりの作品が全国のTSUTAYAに配置されるのかはわからない。「ブロークン」は気になったので調べてみると「2012年カンヌ国際映画祭・批評家週間のオープニング作品。同年の英国インディペンデント映画賞でベスト作品賞を受賞! 」という見出し。これもたぶんDVDスルー(劇場未公開)海外サイトの評価は上々とのことで必見。

「アンディ・ウォーホルのBAD」「悪魔のゴミゴミモンスター」「黄金の棺」に関しては詳しい人がたくさんいると思うので省きますが、しばらくの間手に入らなかった貴重なカルト映画です。面白いかどうかはまあ、人それぞれで(笑)というよりも非常に安いんですが

1月6日

・「TOKYOTRIBE」
・「捨てがたき人々」
・「サードパーソン」
★「BAD FILM」
・「ミスターGO!」

→園子温の最新作「TOKYO TRIBE」がDVD化。それとともに「BAD FILM」の文字ががが!園子温の「東京ガガガ」時代の幻の映画がレンタル開始。あとこっそりゴリラが活躍する韓国映画「ミスターGO!」もレンタル開始。

 

1月7日

★「やさしい本泥棒」
・「友よ、さらばと言おう」
・「スノーホワイト 白雪姫の純潔と妖艶の女王」
・「ソウォン/願い」

・「バードシャー テルグの皇帝」・・・ボリウッド。
・「あなたがいてこそ 」・・・ボリウッド。
★「恋恋風塵」   監督:  侯孝賢(ホウ・シャオシェン) 

注目は「やさしい本泥棒」、2014年に劇場公開される予定だったが中止。レンタルの予定はあるものの発売するかどうかは現在まで未定という状況。ためしにネットで検索かけてみたら高評価の嵐、特に期待せずに飛行機の中で見た人たちがやられたみたい。監督は海外TVドラマ「ダウントン・アビー」などのブライアン・パーシヴァル監督。楽曲はジョン・ウィリアムズという布陣。ポスターもいい感じ!

もうひとつの注目作は恋恋風塵」  監督はあの侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、しばらくDVDが品切れになっていたが、今年しんゆり映画祭で見て心をやられた観客としては今回のデジタルリマスターは本当に嬉しい。台湾青春映画の草分け的存在として、以降のホウ・シャオシェン作品にみられる難解さはなく、単純に素晴らしい映画を見たなあと思わせてくれる傑作。 

・「スノーホワイト 白雪姫の純潔と妖艶の女王」は趣味。「世界的に知られる童話の姫と女王の性を描いたファンタジックエロス。野心と性欲に溢れた王女は、王の精力を吸い取り昇天させ、女王となって国を我が物にする。さらに女王は、淫欲の果てに死んでしまうという毒リンゴで白雪姫を殺そうとするが…。」とのこと

 

そして気になる情報を見つけたのですが、レンタル予定にベルイマンの映画がズラーッと並んでた、マジすか?

「第七の封印」
「野いちご」
「処女の泉」  
「夏の遊び」  
「夏の夜は三たび微笑む」 
「冬の光」

 

1月9日

・「チワワは見ていた」   監督: ショーン・ベイカー 
・「サケボム」   監督: サキノジュンヤ 
・「クロエの祈り」   監督: アナイス・バルボー=ラヴァレット 

 →「チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密」は原題「starlet」、「スリリングで、予想だにしないアメリカン・ムービー、【インディペンデント・スピリット・アワード ロバート・アルトマン賞受賞】、文豪アーネスト・ヘミングウェイのひ孫ドリー・ヘミングウェイの本格主演デビュー」とのこと。こういうインディペンデント系の映画が次々とDVDスルーになってる状況、邦題に騙されずちゃんと見ておきたい。クロエの祈り」は2013年2月に行なわれた第63回ベルリン国際映画祭でFIPRESCI賞、特別エキュメニカル審査員賞を受賞している。パレスチナ問題に関する映画。

今回はこれを借りようBEST3

「恋恋風塵」

「BADFILM」

「この庭に死す」

*見たかった貴重な作品という意味で選んでみました。「かぐや姫の物語」見ろ!と言ったって見る人は見るから(笑)あとは「やさしい本泥棒」は実際に借りて見てから薦めたいので保留。年内にレンタル開始されるのは「この庭に死す」だけなので来年が楽しみ。みなさん良い年末を!

 - レンタル情報(&映画情報)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  関連記事

201412
TSUTAYAレンタル注目作(2015年1月中旬~2月上旬)

 新年早々お腹を痛め、布団で過ごしてました。(´ω`。) 今年もよろしくお願いし …

dvd0011
DVDは郵便ポストで返却!「TSUTAYAディスカス」が便利な5つの理由

夏の暑さとだるさでDVDを返しに行くのが面倒くさい。 ということで、 CDやDV …

rental
TSUTAYAレンタル注目作(2014年11月中旬~12月上旬)

TSUTAYAのレンタル作品に関して、年内はあと一回の更新でラストかな。 11月 …

rental
2014年9月中旬から11月前半のTSUTAYAレンタル注目作

twitterでつぶやいたらそれなりに反響があったのでサボらずにちゃんとまとめま …